MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

各都市の第2・第3空港への発着でコストカット

LCCと言えば、LCC専用ターミナルであったり、空港の多い都市では第2、第3の空港であることが多いです。

 

実際にライアンエアーでも、各都市の第2・第3空港への発着になっています。
その理由として、着陸料やターミナル使用料などが安くなる分、コスト削減に繋がること。
そして、実は混雑しない空港を選ぶことでフライト遅延を回避することができるという乗客にも嬉しいメリットがあるのです。

 

また、それだけではなく第2以降の空港と言うのは、路線を誘致したいと思っていれば、それなりに自治外から助成金が出たり、補助金がでたりすることもあるのです。
就航地域から助成金がなくなったから撤退をした〜なんていう例があるくらい重要なことなのです。

 

そこに路線を置くことで、メリットがある…となれば、そちらを選びたいもので、実際に日本でも発着枠に余裕があったり、拡大の可能性があったりと、メリットがあるからLCCが就航しているということもあります。

 

また2009年にオンラインチェックインを導入してから、チェックインカウンターをなくし、その分人員削減をすることで、受託手荷物のカウンターに最低限のスタッフがいればOKということになっているのもポイントです。

 

人員削減=コスト削減はもちろんのことですが、乗客が空港でチェックインすることなく、搭乗ゲートに向かえば良いと言うことは、カウンターが混みあうこともなく、時間の効率化にもなっていることが考えられます。