MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

利益率が25%!

ライアンエアーのコスト削減、実はかなりの成功ぶりで、利益率がレガシーキャリアの4倍以上、なんと25%ほどになったとも言われているのです。
でも、このコスト削減がすごいところは、乗客が不満になることがないということです。

 

もちろんLCCでは、運賃が安いかわりにサービスが有料になっていることもありますが、サービスをつけたとしても安価にはなっています。

 

基本的なLCCの有料サービス以外にも、時間・コストカットを考えていて各空港会社で工夫がされています。
レガシーキャリアに比べると…とデメリットを指摘する人もいますが、LCCで同じサービス、同じ内容になれば、コストも削減することができず、結局は運賃もそう安くはならないと言うことなのです。

 

たしかにライアンエアーのアイデアで実現はしてしない有料トイレが実現したら、不便と感じる乗客も多いでしょう。
しかし、食べるかわからない食事が有料になり、しかもサービスを頼んでも安価となれば、問題はないと感じる人も少なくないはずです。

 

また、それだけではなく、効率化やコスト削減ということで、シンプルな座席で不要なものは排除してシンプルにすることでシートが少しでも広くなったり、時間短縮によって機材効率を良くしていると言うこともあります。

 

それらは、乗客に不満を与えることなく、スタッフの作業効率をアップさせるメリットの多いものが多いため、LCCについて理解することでより利便性を高めることになるはずです。