MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

2クラス制キャビンの場合 最近のLCCの流行です

一般的にLCCはモノクラスと言われていることが多かったですが、最近では上級クラス(ビジネスクラスと同等)のクラスがあるとよく聞きませんか?

 

実は…LCCの中でもVIPと言える存在なのがアメリカの国内線。

 

サービスがワンランク上どころじゃなく、かなり良いと言われていて、ビジネスクラスではなく、エコノミーの次がファーストクラスなのです。

 

アメリカの国内線ではこの2つが主流なのですが、ヴァージン・アメリカは大手よりも広いファーストクラスで、個人用モニターも大きく・・・本革なのです。

 

でもLCCだから、お手頃。

 

国内線で長距離だとしたら、絶対選んで損はないくらいのVIP!

 

しかし、このヴァージン・アメリカ…これだけではないのです。

 

通常LCCというとモニターがないというイメージがありますが、全席にしっかり個人用モニターがついているため、ライブテレビが見られてしまうという「本当にLCCなの!?」と聞きたくなるようなレベルになっています。

 

でも、これだけじゃないのです!

 

エアアジアXはご存知の方も多いとは思いますが、長距離国際線で羽田からクアラルンプールなので、深夜便ではかなりのオススメになります。
こちらは「プレミアムフラットベッド」と呼ばれるビジネスクラスがあるのですが、リクライニングが水平くらいまでできて、シートも広いので、ゆったりのんびりすることができます。

 

羽田発で深夜乗る人は、快適なLCCの旅を満喫してみてください。今はLCCも色々あるので、利用前にクラスやシート数はチェックしておくと、LCCの旅もグッと変わります。