MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

LCCの荷物持ち込みには要注意!あなたの荷物は大丈夫?

LCCと大手との大きな違いは手荷物が追加料金になるということです。

 

大手ならエコノミークラスでも個数や重量制限内で無料で預かってくれるのに・・・と思うかもしれませんが、LCCの場合は追加料金が必要。

 

手荷物は予約やオンラインチェックインの時に前もってわかっているのならきちんと手続きをしておきましょう。もちろん空港で預け入れをしても良いのですが、その場合は料金が高くなる可能性が高いです。

 

そしてもうひとつ機内の持ち込み手荷物の重量制限が徹底されています。

 

とはいえ、LCCによって対応は変わってきてある程度の大きさや重量によって機内に無料で持ち込むことができるので、自分で重さを量っておくこと、そして大きさもチェックしておくようにして下さい。

 

ノートパソコンやハンドバッグなどは無料で持ち込むことができることが多いのですが、重量規定は5kg〜12kgと航空会社によって制限がとても幅広くなっています。…5kg以下と12kg以下と言えば、倍以上違いますからね。

 

また大きさなどの制限も違いますので、どこも一緒だと思っているとLCCによっては機内持ち込みの手荷物がNGになってしまうことがあります。

 

LCCは安い分、ある程度自分で把握しておき、前もって理解をしておくことも必要になってきます。

 

快適な旅行をしようと思うのであれば、利用するLCCのことを最初にきちんと調べて、バタバタしたり失敗しないように心がけていきましょう。

荷物はきちんと自分で重量チェックしておこう

WEB予約時に何かと自分でしなければいけないことが多いLCC。

 

国際線でも短時間だし、乗り慣れてしまえば数時間だからと有料の座席指定も一人だから良いとしないこともあります。

 

早い者勝ちとなれば、空席の良い所へ座れるから良いと考える人も多いとは思いますが、自分で色々しなくてはいけないということは、手荷物に対しても気をつけなければいけません。

 

乗継によって規定が違うとうこともありますし、最初から手荷物の制限重量を確かめておく必要があります。

 

あれ?重量チェックないの??と思っていても、時には違う箇所で手荷物の重量をはかられることもあります。

 

海外の場合はアバウトでだいたいならOKなんてところもあるかもしれませんが、NGを出されて思わぬ失敗をしてしまうことも。

 

カウンター以外のところで検査をされることもありますので、前もってきちんと機内持ち込みの重量はチェックしておきましょう。