LCC 格安航空会社 デメリット

MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

LCCは本当にメリットがあるかどうか

LCC=安い!と言われますが、メリットがあればデメリットもあるものです。

 

たしかにメリットは「安い」とよく言われますが、実際のところはどうなのでしょう。

 

日本から海外旅行へ行くと考え、激安運賃というのは大手でもあったと思います。

 

しかし、大手ではいつでもOKというわけではなく、激安の裏には期間限定であったり、席数の限定があったりと、いつでも…というわけではなく、特別な時と言う感覚がありました。

 

 

それに比べて、LCCはいつでも…にはなりますが、最安値情報はあったとしても、実際に予約をしようと思った時に「あれ?少し高い??」と感じた経験がある人もいるのではないでしょうか。そのひとつとして安価ではあるけど、有料サービスがいくつかあるため、あれもこれも…としていくと、意外に追加料金が多くなっていくこともあります。

 

そのうえ、燃油サーチャージも一般的に追加されるようになり、大手よりは少ないとはいえ、それなりの金額が加算されるため、結果的に安い!というイメージよりも高く感じてしまうことがあるのです。

 

またLCCと言うのは基本は自分で…なのでWEBで予約などをして、コールセンターも(最近では日本語対応のところもあり、予約もしてくれる場合もありますが)まだまだ日本語が通じない場合もあります。

 

それに比べて、日本語が通じるコールセンターもあり、無料サービスが多いのが大手。そして大きな違いは運休や遅延に対しての対応もある…ということです。

 

また燃油サーチャージを考えると、大手はいくら格安でも結果的にはそれなりの金額にはなりますので、その分を保証やサービス代として考えられるかどうか、というのがひとつ大切なポイントになります。

 

となれば、メリットを活かすためには、LCCでは何かあった時のことを考えておくこと、そして状況に応じてLCCと大手を使い分けるというのが賢い利用法と言えるかもしれませんね。

 

予防策、対策さえ考えておけば、LCCで何かあったとしても、それなりに焦ることなく対応することができます。

 

メリットばかりを考えるのではなく、LCCはデメリットも考え、そのうえで活用していくとよりお得に使うことができて、メリットを上手に活かした旅を楽しむことができます。

 

 

どうしても仕事で…というような重要な時には大手を使うというのもひとつの方法。

 

自分に合った使い方をし、その時によって使い勝手の良い方を選ぶということが、
LCCの安さだけに飛びついて失敗をしない秘訣になるのです。