MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

韓国初のLCCといえばチェジュ航空

設立年/就航年 2005/2009年
日本就航路線

成田〜ソウル(仁川)
関空〜ソウル(仁川)
関空〜ソウル(金浦)
関空〜釜山
名古屋(中部)〜ソウル(仁川)
福岡〜ソウル(仁川)
福岡〜釜山
那覇〜ソウル(仁川)
那覇〜釜山

運賃例

成田〜ソウル(仁川)片道/8500円
関空〜ソウル(仁川)片道/7500円
関空〜釜山片道/7500円

航空機/座席数 ボーイング737-800/189席
設定クラス エコノミー

   機内サービス
  (食事・飲み物)

無料

チェジュ航空国際線の予約・空席・時刻表を検索

韓国は東アジアで一番LCCの先進国と言っても良いでしょう。

その中でも最初のLCCと言えばチェジュ航空です。
2005年にエギョングループという韓国の大手企業グループが共同出資で設立、3年後に国際線が出来て、現在日本には5路線もあります。
※現在、就航路線が増えています。上記、日本就航路線を参照下さい。

■関西
ソウル(仁川)・ソウル(金浦)・済州
■中部
ソウル(金浦)
■北九州
ソウル(仁川)

関空については3路線もあるため、発着に好きな空港を選ぶことができて、しかも仁川と金浦は毎日運航しているため、とても便利です。また仁川は、バンコクや香港、マニラなどの国際線もあるため、乗継をするのもオススメです。

機材についてはボーイング737-800。これは、737の次世代モデルと言われていて、189席、全エコノミークラスになっています。

利用条件やバーゲン型運賃などによっても違いますが、旅行期間が2週間以内であれば、日本〜ソウルは往復1万円台と手軽に。

日付・路線限定のバーゲン型運賃の場合は激安の9900円というのもあったので、今後もこのチャンスは見逃せません。

またLCCではマイレージサービスがありませんが、チェジュ航空の場合はオリジナルマイレージサービスがあり、空港券購入金額によってポイント加算があり、無料空港券などと交換できるという嬉しいシステムになっています。

それだけではなく、搭乗距離や回数によっても会員ランクがアップするので、お得感が満載です。

しかし何よりうれしいのは軽食やドリンクの無料サービスがあるところ!短距離路線ながらも、ち軽食と飲物サービスはやはりポイントが高いですよね。

チェジュ航空ってどんなLCC?

日本から最も近い国、韓国は日本と比べて国土面積が1/4しかないにも関わらず多数のLCCが就航しています。
チェジュ航空も韓国のLCCの一つです。

 

チェジュ航空の基本情報

  • 正式名称:チェジュ航空/????、JEJU Air
  • 本拠地:韓国済州道・済州市
  • 拠点空港:仁川国際空港
  • 済州国際空港
  • コールセンター:0570-001132(09:00〜18:30)
  • 設立: 2005年1月
  • 保有機材数:31機
  • マイレージ:リフレッシュポイント
  • 就航地:29都市

 

チェジュ航空の歴史

チェジュ航空は韓国の大手財閥「愛敬グループ」と済州特別自治道が共同で2005年に設立したLCCです。
2006年に済州―ソウル(金浦)線に路線を就航しました。
徹底したコストカットで業績を伸ばし、日本・中国・台湾など東南アジア各地に就航しています。

 

チェジュ航空の特徴

韓国は狭い国土にも関わらず格安交通機関先進国となっています。
大韓航空やアシアナ航空など大手航空会社だけではなく沢山のLCCが就航しており、更に主要都市の間を結ぶ高速バス、鉄道も発達しています。

 

そんな中で韓国最安値と言われるのがチェジュ航空です。
使用される機材はボーイング737-800となっています。
以前は座席指定が無料でしたが2014年から有料性になっています。
また非常口座席を利用する場合には英語か韓国語が堪能でなければいけません。

 

チェジュ航空のマイレージサービスはリフレッシュポイントと呼ばれるものです。
フライトマイルを貯めるのではなく、購入したチケットの5%がポイントになり、3年間有効可能です。

 

貯めたポイントは座席指定などの支払いに使ったり、家族や友人にプレゼントすることもできます。
必要なポイントに満たない場合には不足ポイントを購入して航空券に交換することもできます。

チェジュ航空の就航路線

チェジュ航空は日本に11路線、韓国内に4路線、日本以外の国際線を19路線就航しています。

 

チェジュ航空は金曜日の夕方便が充実しています。
成田、中部、関空、福岡で夕方17時30分以降の出発便があります。
プレミアムフライデーを利用したり、金曜日の午後休を取得して会社から直接空港に向かうことができます。

 

日本国内に就航する路線

  • ソウル/仁川⇔東京/成田 1日3便
  • ソウル/仁川⇔大阪/関西 1日4便
  • ソウル/仁川⇔名古屋/中部 1日2便
  • ソウル/仁川⇔福岡 1日2便
  • ソウル/仁川⇔札幌/新千歳 1日1便
  • ソウル/仁川⇔那覇 1日1便
  • ソウル/仁川⇔松山 週3便
  • ソウル/仁川⇔鹿児島 週3便
  • 釜山⇔東京/成田 1日1便
  • 釜山⇔大阪/関西 1日2便
  • 釜山⇔福岡 1日1便

 

韓国での国内線

  • 済州⇔ソウル/金浦 1日19便
  • 済州⇔釜山 1日8便
  • 済州⇔清州 1日2便
  • 済州⇔大邱 1日2便

 

日本以外の国際線

  • ソウル/仁川⇔青島 1日1便
  • ソウル/仁川⇔ジャムス 週1便
  • ソウル/仁川⇔香港 1日2便
  • ソウル/仁川⇔台北/桃園 1日1便
  • ソウル/仁川⇔高雄 週4便
  • ソウル/仁川⇔マニラ 1日1便
  • ソウル/仁川⇔セブ 1日1便
  • ソウル/仁川⇔コタキナバル 1日1便
  • ソウル/仁川⇔バンコク 1日2便
  • ソウル/仁川⇔ハノイ 1日1便
  • ソウル/仁川⇔ウラジオストク 週4便
  • ソウル/仁川⇔グアム 1日2便
  • ソウル/仁川⇔サイパン 1日1便
  • ソウル/金浦⇔大阪/関西 1日2便
  • ソウル/金浦⇔バンコク
  • 釜山⇔台北/桃園 1日1便
  • 釜山⇔バンコク 1日1便
  • 釜山⇔グアム 週2便
  • 大邱⇔バンコク 週2便

チェジュ航空の運賃割引制度

チェジュ航空には3つの運賃設定があります。
特に割引運賃は日本では見られないようなものもあります。

 

通常運賃

通常運賃は基本料金です。
大体大手航空会社の30%程度安い設定になっています。

 

割引運賃

通常運賃より少し条件は悪くなりますが、割引された価格で航空券を購入することができます。

 

小児運賃

通常運賃より10%値引きされます。
満24ヶ月以上〜満13歳未満に適用されます。

済州道民

レギュラーシーズン20%、オンシーズン15%割引されます。
済州島在住もしくは名誉済州道民に適用されます。

在外済州道民

週末・オンシーズンを除き15割引されます。
済州島に登録基準値を置いている他地域に済む方に適用されます。

出張目的の軍人

通常運賃より10%値引きされます。
出張目的の軍人、軍務員などに適用されます。

国家有功傷痍者

通常運賃より40%値引きされます。
国家有功傷痍者などに適用されます。

独立有功者

通常運賃より40%値引きされます。
独立有功者などに適用されます。

障害者

通常運賃より40%値引きされます。
1〜4級障害者などに適用されます。

 

特別運賃

特別運賃は割引運賃より更に超特価で販売されるものです。
無料受託手荷物なしなどの制限が付きますが、とにかくお安く販売されるのが特徴です。

 

運賃の違いはに荷物の差

運賃の違いに出る差はチェックインの時に預けられる受託手荷物の重量と個数です。
通常運賃では大人・小児は20kgまで預けることができますが、割引運賃では15kgまでになります。

 

特別運賃になると受託手荷物は有料になります。
他にも違いはありますが大きな違いはこの点です。

 

荷物の少ない短期間の旅行であれば特別運賃がお得ですし、荷物が多くなる長めの旅行の場合には通常運賃の方がトータルで安くなることもあります。
比較して検討するようにしましょう。

チェジュ航空の手荷物制限規定

機内持込手荷物

機内に持ち込める手荷物は3辺の和が115cm(横55cm、縦40cm、高さ20cm)以内で重量が10kg以下の手荷物となっています。
バッグ、コートなどの衣類、毛布、適量の書籍などが持ち込めます。

 

日本のLCCと違うのが二点目の手荷物についてです。

 

日本のLCCでは貴重品を入れたハンドバッグやポシェットや傘やカメラなどの身の回りの品1点+小型のキャリーバッグの2点を持ち込むことができる航空会社が多いのです。
しかしチェジュ航空では身の回りの品に対する規定がありません。

 

公式サイトでも2点目以降は受託手荷物扱いになると記載されているので、保安検査場を通過する際にはハンドバッグなどもキャリーバッグの中に収納しましょう。
飛行機に乗ってから荷物を座席上の荷棚に載せる際に貴重品を取り出して手元に置いておけば良いでしょう。

 

受託手荷物

通常運賃、割引運賃でチケットを購入した場合には縦・横・高さ3辺の合計が203cm以内で1個まで無料です。
日本と韓国の間を行き来する場合は国際線になるので通常運賃は重さが20kgまで、割引運賃は15kgまでです。
(韓国内の移動にチェジュ航空を利用する場合にはどの運賃プランでも15kg以内となっているので注意しましょう)

 

特別運賃でチケットを購入した場合には無料で受託手荷物を預けることができないので別途有料で荷物を預けることになります。

チェジュ航空の各種手数料・有料サービス等

座席指定料金

以前は座席指定が無料で行えましたが2014年より有料となっています。
しかし座席はすべてエコノミークラスでビジネスクラスはなく、最前列と非常口横以外はすべて同じような座席になっています。

 

フライトは日本各地と韓国と2時間程度ですからお子様連れでどうしても隣に座らなくてはいけないというときを除いて座席指定をしないというのもアリです。
もちろん座席指定は強制ではないので、指定しない場合には指定料金は必要ありません。

 

日本から韓国に行く場合の座席指定料は以下の通りです。

  • 最前列・非常口横...1,500円
  • Aエリア(前方)...1,000円
  • Bエリア(中央)...500円
  • Cエリア(後方)...200円

 

機内サービス

チェジュ航空はLCCなので、水、お湯(離乳食・ミルク用)、機内雑誌以外の機内食、飲み物、ブランケット、アメニティグッズなどすべて有料です。
機内販売は事前予約が不要で、日本円の現金とクレジットカードが利用できます。

 

払戻手数料

上記以外で主にかかってくる手数料はチケットのキャンセルによるものです。
決済当日の予約キャンセルはキャンセル手数料が免除されます。
手数料は購入した運賃のクラスに基づいて発生します。

 

変更手数料は通常運賃で500円、割引運賃で1500円、特別運賃で4000円です。
キャンセル料は通常運賃で1000円、割引運賃で3000円、特別運賃で5000円です。

 

利用する路線やキャンセルするタイミングによって料金が増減するようなので、詳細は公式ホームページを確認してください。

チェジュ航空の口コミを調べてみました

乗り心地・内装・座席間隔などについて

チェジュ航空の乗り心地

チェジュ航空の乗り心地はものすごく良いとは言えないようです。
座席は狭いという声がありますし、席によってはそもそもリクライニングができない座席もあるようです。

 

また夏場などは機内が冷えるようですがひざかけなどのレンタルはありません。
持込手荷物は1個、10kgまでなのでひざ掛けを持ち込みたい方は多めに服を着て搭乗するなど工夫をしなければいけないという声がありました。

 

チェジュ航空の内装

チェジュ航空の内装についての口コミはほとんどありませんでした。
グレーを基調とした座席と白い機内となっています。チェジュ航空の飛行機自体は白に明るいオレンジ色を合わせたツートンカラーで明るく爽やかな雰囲気なので機体と内装の差がある飛行機といえるようです。

 

チェジュ航空の座席間隔

チェジュ航空にはエコノミークラスしかありません。
ビジネスクラスなどがなく、すべての座席の間隔は狭めに設定されています。

 

最前列と非常口横は足下が少し広めですが、それ以外は基本的に狭いようです。
一般的な体型の人であれば普通に座ることができますがお子様を膝に乗せて座るのは厳しいでしょう。

 

また背の高い男の人や大柄な方は窮屈に感じることが多いようです。
座席幅の広い非常口横は非常時にアテンドしなくてはいけないため英語か韓国語が堪能な人に限られます。
日本人利用者が非常口横を使うのは難しいようで、チェジュ航空を利用するさいにはゆったり座れるというのは諦めたほうが良さそうです。

 

機内食・サービスの質・CAの雰囲気などについて

チェジュ航空の機内食

チェジュ航空では一部路線で機内食を食べることができます。
例えば仁川⇔東京(成田)、沖縄、札幌、釜山⇔東京(成田)、沖縄などの路線です。

 

韓国を代表する料理ビビンバを食べられますが有料です。
またこの他パイロット機内食、スチュワーデス機内食などがあるので食べたい方は事前に予約しておくと良いようです。
味は韓国の航空会社なので少し辛めの味付けとなっているようです。

 

チェジュ航空のサービスの質

チェジュ航空は快適なフライトよりもエンターテイメント性を重要視しているようです。
たとえばお子様連れで飛行機の乗るとバルーンアートやシールをプレゼントされたという口コミが多くありました。
スペシャルフォト撮影と称して写真撮影してらもったという声もあります。

 

出発前に様々な遊べるアイテムを配ってくれるそうでフライト時間を退屈なもの、睡眠時間として過ごすのではなく、楽しい気持ちで過ごしてほしいと考えているようです。
出張利用で機内ではとにかく眠りたい!という方には少し不向きな航空会社と言えるかもしれません。

 

 

チェジュ航空のCAの雰囲気

チェジュ航空のCAさんは明るく元気な人が多いようです。
数ある韓国LCCの中でも最安値といえばチェジュ航空と言われる航空会社なのでやはり落ち着いて上品なCAさんよりも明るく元気で朗らかな人を採用しているのでしょう。

 

チェジュ航空自体がエンターテイメント性を重要にしている航空会社なのでお子様連れで搭乗すると様々な手厚いサービスが受けられたと評判になっていました。