MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

日本初!LCC専用ターミナルについて

日本は海外に比べてLCCに対して遅れをとってしまっています。

 

実際に世界にはすでにLCC専用のターミナルが建設されていて、LCCターミナルやパージェットターミナルと言われています。海外旅行に行く方なら、日本と世界のLCCの認知度が違うことを知っている方も多いのでは?

 

あったら良いのに…そんなLCCターミナルが関西国際空港に2012年に日本で初めてつくられることになりましたが、実際気になるのが、今までとの違いや内容…です。

 

茨城空港にLCC空港は既にありますが、本格的なLCCターミナルは2012年に誕生する関西国際空港が日本初になるでしょう。

 

LCCターミナルと通常のターミナルとの違いは、コストを抑えた施設。ターミナルの運営費用が減れば、運賃を安くできることから、LCCでは建設費やランニングコストを削減したターミナルが一般的です。

 

しかし、日本ではLCC専用のターミナルはありません。それもそのはず、LCC自体が日本にはこれまでなかったので、必要なく敷地にゆとりがないため、LCC専用ターミナルを作ることがありませんでした。

 

関西国際空港(KIX)をベースとするピーチの希望としてLCC専用ターミナルが欲しいということで、関西国際空港株式会社も国際線・国内線用のLCC専用ターミナルの建設を決定しました。

 

というのも、この関西国際空港。国内の大きな空港と違い、ある程度敷地に余裕があるというメリットがあり、今でも二期空港島を作っている状態です。
関西国際空港をベースにピーチがしてくれるということは、LCC専用ターミナルを作っても損はありません。また、ピーチにとっても新しいLCC専用ターミナルということで、設備なども良くコストも安いLCCターミナルを使えると言うことで、かなりのメリットになります。

 

つまり双方にメリットがあるというのがこのLCC専用ターミナル。これが出来れば、関空を利用するLCCがこれからも増える可能性も高くなります。