MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

LCCではあなたを待ってくれません

LCCは着陸から離陸までの時間をできるだけ短くして、1日あたりの稼働時間を高め、効率よく運航する基本戦略です。そのため、FSAよりも時間にシビアで、締め切り時間には厳しい傾向があります。つまり、締め切り時間に少しでも遅れたら、あっさり置いていかれるということです。

 

FSAの場合は少し時間が過ぎていても、上級クラスの利用者やマイレージ上級会員などなら、担当者の判断などで搭乗できるケースもあります。しかしLCCでは例外は認められません。早めの空港到着を心掛けるようにしましょう。

 

このようにLCCの場合チェックインの締め切り時間に遅れると搭乗できませんが、それは事前にオンラインチェックインを済ませていた場合も同じです。しかも多くの場合、搭乗予定の便に乗り遅れても、払い戻しが一切できません。そのため乗り遅れた際には、新しい航空券を購入しなければならず、割安である意味がなくなります。

 

 

LCCは手荷物の規制が厳しいですが、超過料金を徴収することで収益アップを図っています。

 

また、超過料金を支払いたくない客が手荷物を無料となる重量の範囲内に抑えることで、結果的に機体の総重量を軽くしています。つまり、高騰しているジェット燃料費を節約しているわけです。このように、LCCのコスト削減は徹底しています。

 

ところでLCCでは、着陸から離陸までの時間を短くして稼働率を上げることでも収益アップを図っています。時間が短いため、直前にゲートが変更される可能性がFSAよりも高い傾向にあります。ですから、搭乗ゲートへは早めに着いておきましょう。

 

海外のLCCの中には、座席指定を行わずに空いている席に先着順で座るフリーシーティング制(自由席制)を採用しているところもあります。希望する席を確保するためにも、やはり早めに搭乗ゲートには着いているべきでしょう。なお、エアアジアXでは出発時刻の60分前に、他のエアアジアグループでは出発時刻の40分前までにゲートに到着するよう案内しています。

注意!LCCは時間にシビア 搭乗ゲートへも早めの到着を関連ページ

格安航空券で海外旅行に行くための基礎知識を身につけよう!
LCCは世界のメジャーになりつつある
スカイマークの羽田発路線
エアアジア・ジャパンとジェットスター・ジャパンの路線
LCCでは行けない都市でも格安旅行は可能!?
LCC、FSAのパックツアーを活用して国内旅行をしよう
LCCの予約・発券方法
LCC チェックインのオンライン化
LCCの手荷物規制は非常に厳しい
LCC専用ターミナルの搭乗と乗り継ぎの注意点
エアアジアグループの乗り継ぎサービス
LCCとFSAの違いは?
LCCの座席レポート
バリエーション豊かなLCCのサービス
日本で人気のLCCの上級クラスを比較!
LCCの機内食(ミールサービス)について
日本のLCCは今後どうなる?
LCCのコスト削減方法
LCCがサブ空港を利用するとどんなメリットがあるか?
LCCの座席の乗り心地は?やっぱり狭いの?
コロコロ変わるLCC料金のの謎。一体どこまで安くなるの?
LCCはどうやって利益を出す?LCCの追加料金例
LCCは本当に安全?パイロットはどうやって選ばれるの?
LCCはどうやって効率のよい折り返し運航をしているのか
世界各国のLCC事情
日本のLCCはどれくらい定着したのか?
海外LCCの動向と今後の予測
LCCが国内線シェアの半数を占める日も近い
【LCCのチケット発券】LCCでは紙のチケットは存在しません
LCCのチケットについての疑問あれこれ
なぜ旅客機の座席は4つのクラスにわけられているの?将来は立ち乗り席も導入か?
【LCC 当日】LCCの当日券を今すぐ確実に入手できる方法
LCC対レガシーキャリア!最近の機内食はどうなってる?