LCCの持ち込み荷物について

MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

手荷物が多くなるとLCCのメリットは薄れる

LCCの利用において注意したいのが、時間の厳守に加えて、手荷物の扱いです。LCCの場合、FSAよりも手荷物の重量や個数の制約が厳しい傾向にあるからです。(手荷物の総重量を減らし、軽い機体で燃費を向上させコストダウンを図ることが狙い)

 

例えば、JALやANAで東京−上海線を利用する場合。

 

合計重量10kg以内の手荷物(ハンドバッグやショッピングバッグなど身の回り品1個と、3辺の合計が115cm以内でかつ55cm×40cm×25cm以内の手荷物)なら機内への持ち込みが可能です。また 受託手荷物も、エコノミークラスの場合、1個あたり23kg以内の手荷物2個までなら無料で預けることができます。

 

一方、春秋航空で茨城−上海線を利用する場合はというと・・・

 

無料で機内に持ち込めるのは、ハンドバッグなどのバッグ類1個、あるいは20cm×30cm×40cm以内の手荷物1個だけです。しかも重量が5kgを超えないものに限られます。また 受託手荷物の方も、無料で預けられるのは最大15kgまで。しかも、この15kgの中には機内持ち込み手荷物の重量も含まれます。これをオーバーする場合には追加料金が徴収されますが、1kgあたり1050円です。

 

運賃の割に高い設定となっているので、追加料金を支払いたくないなら身軽に旅をするしかないでしょう。もし手荷物が多くなりそうな時には、事前に追加料金を調べておき、運賃との総額を算出しておくといいです。

LCCの手荷物規制は非常に厳しい関連ページ

格安航空券で海外旅行に行くための基礎知識を身につけよう!
LCCは世界のメジャーになりつつある
スカイマークの羽田発路線
エアアジア・ジャパンとジェットスター・ジャパンの路線
LCCでは行けない都市でも格安旅行は可能!?
LCC、FSAのパックツアーを活用して国内旅行をしよう
LCCの予約・発券方法
LCC チェックインのオンライン化
注意!LCCは時間にシビア 搭乗ゲートへも早めの到着を
LCC専用ターミナルの搭乗と乗り継ぎの注意点
エアアジアグループの乗り継ぎサービス
LCCとFSAの違いは?
LCCの座席レポート
バリエーション豊かなLCCのサービス
日本で人気のLCCの上級クラスを比較!
LCCの機内食(ミールサービス)について
日本のLCCは今後どうなる?
LCCのコスト削減方法
LCCがサブ空港を利用するとどんなメリットがあるか?
LCCの座席の乗り心地は?やっぱり狭いの?
コロコロ変わるLCC料金のの謎。一体どこまで安くなるの?
LCCはどうやって利益を出す?LCCの追加料金例
LCCは本当に安全?パイロットはどうやって選ばれるの?
LCCはどうやって効率のよい折り返し運航をしているのか
世界各国のLCC事情
日本のLCCはどれくらい定着したのか?
海外LCCの動向と今後の予測
LCCが国内線シェアの半数を占める日も近い
【LCCのチケット発券】LCCでは紙のチケットは存在しません
LCCのチケットについての疑問あれこれ
なぜ旅客機の座席は4つのクラスにわけられているの?将来は立ち乗り席も導入か?
【LCC 当日】LCCの当日券を今すぐ確実に入手できる方法
LCC対レガシーキャリア!最近の機内食はどうなってる?