スカイマーク 羽田

MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

国内最大手のLCCへと成長したスカイマーク

スカイマークは、1998年に羽田−福岡線で運航を始めましたが、今や国内最大手のLCCへと成長しています。大都市圏を結ぶ高収益路線を中心に展開しており、国内15空港に就航(通年運航の場合)。路線数も、2012年3月時点で20路線を超えるなど急拡大しています。さらに2012年から2013年にかけて開設する予定の新路線もあり、30路線を超えるネットワークが展開されることになります。

 

スカイマークが最大の拠点としているのは、羽田空港。札幌(新千歳),関西,神戸,福岡,北九州,熊本,鹿児島,沖縄(那覇)の8都市へ直行便を運航しています。長崎へもネットワークを持っており、神戸経由で飛べます。なお関西線は、2012年3月25日から運航を再開したばかりです。

 

羽田初で便数が多いのは、札幌線と福岡線。札幌線は毎日9便(9往復),福岡線は毎日10便(10往復)を運航しています(2012年3月時点)。

スカイマークのその他路線

スカイマークの最大拠点は羽田空港ですが、発着枠が順次増加されている成田空港も急拡大中です。北は旭川,南は那覇と日本列島を幅広くカバーしており、5路線を展開しています。

 

関西圏でも、2空港(神戸,関西)を拠点にしています。神戸空港からは、札幌,成田,茨城,長崎,熊本,鹿児島,那覇へ展開しており、それぞれ直行便を運航しています。関西空港からは、札幌,成田,那覇の3路線を展開です。

 

他にも、札幌空港や那覇空港も6路線と充実しています。那覇は、羽田,成田,中部,神戸,福岡といった大都市圏だけでなく、八重山諸島の宮古へも展開しています。宮古へは、直行便を毎日5便(5往復)運航しています。さらに2013年には、石垣に新空港が誕生するのに合わせて、石垣線の開設を予定しています。また、夏期限定で離島路線(鹿児島−奄美大島線)を運航することもあります。

スカイマークの羽田発路線関連ページ

格安航空券で海外旅行に行くための基礎知識を身につけよう!
LCCは世界のメジャーになりつつある
エアアジア・ジャパンとジェットスター・ジャパンの路線
LCCでは行けない都市でも格安旅行は可能!?
LCC、FSAのパックツアーを活用して国内旅行をしよう
LCCの予約・発券方法
LCC チェックインのオンライン化
注意!LCCは時間にシビア 搭乗ゲートへも早めの到着を
LCCの手荷物規制は非常に厳しい
LCC専用ターミナルの搭乗と乗り継ぎの注意点
エアアジアグループの乗り継ぎサービス
LCCとFSAの違いは?
LCCの座席レポート
バリエーション豊かなLCCのサービス
日本で人気のLCCの上級クラスを比較!
LCCの機内食(ミールサービス)について
日本のLCCは今後どうなる?
LCCのコスト削減方法
LCCがサブ空港を利用するとどんなメリットがあるか?
LCCの座席の乗り心地は?やっぱり狭いの?
コロコロ変わるLCC料金のの謎。一体どこまで安くなるの?
LCCはどうやって利益を出す?LCCの追加料金例
LCCは本当に安全?パイロットはどうやって選ばれるの?
LCCはどうやって効率のよい折り返し運航をしているのか
世界各国のLCC事情
日本のLCCはどれくらい定着したのか?
海外LCCの動向と今後の予測
LCCが国内線シェアの半数を占める日も近い
【LCCのチケット発券】LCCでは紙のチケットは存在しません
LCCのチケットについての疑問あれこれ
なぜ旅客機の座席は4つのクラスにわけられているの?将来は立ち乗り席も導入か?
【LCC 当日】LCCの当日券を今すぐ確実に入手できる方法
LCC対レガシーキャリア!最近の機内食はどうなってる?
LCCが不安な人必見!LCCとANA・JALでは何が違うのか?
LCCを安く利用するためのちょっとしたコツを紹介
LCCでロストバゲージにあってしまった時の対処法まとめ。
LCC別 機内持ち込み手荷物の規定一覧。サイズや重さに注意!
子連れで海外旅行を快適に!ストレスフリーで飛行機内を過ごすために知っておきたいこと
LCCで日本を出発する前にやっておくと安心な準備。旅なれた人はやっている!