MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

釜山が拠点のLCC「エアプサン」

設立年/就航年 2007/2010年
日本就航路線

新千歳〜釜山
成田〜釜山
関空〜釜山
福岡〜釜山
福岡〜大邱

運賃例

新千歳〜釜山片道/8000円
成田〜釜山片道/8000円
関空〜釜山片道/4000円
福岡〜釜山片道/4000円

航空機/座席数

エアバスA321-200/195席(成田線)
ボーイング737-400/162席(関空・福岡線)

設定クラス エコノミー

   機内サービス
  (食事・飲み物)

無料

エアプサン国際線の予約・空席・時刻表を検索

韓国大手のアシアナ航空と釜山の企業によって2007年に誕生したのがエアプサンです。

アシアナ航空の子会社で、2008年に国内線の運航を開始し、2年後の2010年から福岡〜釜山線が運航…ということで、まだ新しい路線です。

その後順次、日本の空港との路線ができ、今では成田・関空・福岡の3路線ができて、どれも毎日運航しています。しかも、関空・福岡についてはアシアナ航空とのコードシェアをしているおかげで1日2路線と便利になっています。
※現在、就航路線が増えています。上記、日本就航路線を参照下さい

機材は成田線がA321で195席、関空・福岡線はボーイング737-400の162席。どちらもエコノミークラスだけになっていますが、コードシェアのおかげかLCCでもサービスがとっても良く、客室乗務員はかなり好印象・高評価になっています。

また注目したいところがいくつかあります。たとえば、日本路線以外にも国際路線が増えて台北・香港・セブ線などもあるので、国内線や国際線を活用することもできます。

運賃は福岡線は往復で9900円とLCC価格そのものですが、往復ではなく片道にしてしまうと1年間有効の割高運賃になってしまうので注意が必要です。とはいえ、行って帰ってくるということで、往復が基本になりますよね。

そしてここが重要ポイントですが、成田線と関西線は軽食が無料サービスになります。しかも…成田線の復路についてはホットミールなので、かなりとお得感があります。もちろんドリンクも無料サービスがあるのですが、ソフトドリンクだけではなくビールもあるのは嬉しいところです。

でも、それだけではないのです。

コーヒーは環境のことを配慮したコーヒー豆を使っているそうで、一度乗る機会があったらぜひその味を確かめてみることをオススメします。

基本的にエアプサンは、親会社がアシアナ航空という大手なので、安心して初心者さんでも利用ができてサービスはかなり良いのでLCCというカンジがしないLCCと言えるでしょう。

エアプサンってどんなLCC?

エアプサンは韓国のプサン(釜山)を拠点とする格安航空会社です。
日本への就航路線はそれほど多くありませんが大手航空会社であるアシアナ航空の子会社なので安心して利用できます。

 

エアプサンの基本情報

  • 正式名称:エアプサン株式会社/Air Busan
  • 本拠地:韓国・釜山市
  • コールセンター:570-029-777 平日9:00 〜 12:00 / 13:00 〜 18:00
  • 設立:2007年
  • 保有機材数:23機
  • 就航地:19都市
  • 親会社:アシアナ航空・釜山市など

 

エアプサンの歴史

エアプサンは韓国の釜山を拠点とするLCCです。

 

2007年にアシアナ空港と釜山市が出資することで設立されました。
当初は株式会社釜山国際航空という名前でしたが2008年にエアプサン株式会社に社名が変更になっています。
2010年に釜山⇔大阪(関西)、福岡線を就航させました。

 

今後は茨城空港への就航も検討されています。

 

エアプサンの特徴

エアプサンは釜山を拠点に済州、金浦、台湾、日本などに就航しています。
LCCですが長距離路線では無料の機内食が提供されます。
国際線(日本路線)はアシアナ航空とのコードシェア便となっており、大手航空会社であるアシアナ航空の影響もあり機内サービスの水準は高めです。

 

運賃は成田―釜山間で諸経費込みで20,000円〜となっています。
運賃は往復が基本なので片道購入だと高く付きます。
座席指定や預けて荷物が無料なので大手航空会社と変わらないサービスで割安感のある運賃設定となっています。

エアプサンの就航路線

釜山⇔名古屋間は2018年6月より就航します。
更に茨城空港への路線開設も予定されています。
またLCCながら長距離輸送が可能な機材を所有しているため釜山からグアムへの定期路線も就航しています。

 

日本―韓国間の路線

  • 釜山⇔東京(成田) 1日2便
  • 釜山⇔大阪(関西) 1日3便
  • 釜山⇔福岡 1日5便
  • 釜山⇔札幌(新千歳) 週6便
  • 釜山⇔名古屋(中部) 1日1便
  • 大邱⇔東京(成田) 1日1便
  • 大邱⇔大阪(関西) 1日2便
  • 大邱⇔福岡 1日1便
  • 大邱⇔札幌(新千歳) 週5便

 

韓国国内線

  • 釜山⇔ソウル(金浦)
  • 釜山⇔済州
  • ソウル(金浦)⇔釜山 1日15便
  • ソウル(金浦)⇔済州 1日10便
  • ソウル(金浦)⇔蔚山
  • ソウル(金浦)⇔大邱
  • 蔚山⇔ソウル(金浦)
  • 蔚山⇔済州
  • 大邱⇔ソウル(金浦)
  • 大邱⇔済州
  • 済州⇔釜山
  • 済州⇔ソウル(金浦) 1日2便
  • 済州⇔蔚山
  • 済州⇔大邱

 

その他国際線

中国本土
  • 釜山⇔島 1日1便
  • 釜山⇔西安 週4便
  • 釜山⇔延吉 週3便
  • 釜山⇔張家界 週2便
  • 釜山⇔三亜
  • 大邱⇔三亜

 

香港/マカオ
  • 釜山⇔香港 1日1便
  • 釜山⇔マカオ 1日1便

 

台湾
  • 釜山⇔台北(桃園) 1日2便
  • 釜山⇔高雄 週5便

 

フィリピン
  • 釜山⇔セブ 1日1便

 

カンボジア
  • 釜山⇔シェムリアップ 週4便

 

ベトナム
  • 釜山⇔ダナン 1日1便
  • 大邱⇔ダナン
 

 

ラオス
  • 釜山⇔ビエンチャン

 

モンゴル
  • 釜山⇔ウランバートル 週2便

 

ミクロネシア
  • 釜山⇔グアム 週5便

エアプサンの運賃割引制度

エアプサンの運賃割引制度は以下の通りです。
少々運賃体系が複雑なのでしっかり確認しましょう。

 

運賃タイプは有効期間によって異なる

エアプサンは基本的に往復で航空券を購入します。
片道運賃でも購入することができますが、割高になります。

 

プランは3種類あり、

  • 14日間有功なSMART14 SPECIAL
  • 6ヶ月間有功なSMART6M
  • 1年間有功なSMART1Y

があります。

 

小児運賃は大人の75%、幼児運賃は大人の10%です。
滞在期間によって値段が高くなるため、14日間有功なSMART14 SPECIALが最も安くなります。

 

通常の観光であればSMART14 SPECIALを利用するのが一般的です。

 

エアプサンの運賃はキャンセル料が高めに設定されています。
スケジュールの調整はしっかり行うようにしてください。

 

追加料金がかかる

上記で適用された運賃のほか、予約の手数料、燃油サーチャージ、空港使用料がかかります。

 

Fly Early(早割セール)

不定期で行われるセールです。
片道3,000円〜発売される特別価格の運賃で数に限りがあります。
人気のため早々に売り切れてしまいますが、格安で旅行したいならキャンペーンを定期的にチェックしておきましょう。
こちらは早く販売される分、変更や取り消しが不可になっているものがほとんどです。

エアプサンの手荷物制限規定

無料機内持込手荷物

  • 荷物の3辺の合計が115cm(幅40cm、長さ55cm、高さ20cmまで)/重量10kgまで
  • ハンドバッグ、ひざかけ、かさ、杖などの身の回りの品

上記2点まで無料で機内に持ち込むことができます。

 

身の回りの品は1つまでしか持ち込めません。
ハンドバッグ+お土産の入った紙袋+キャリーバッグというように3点になってしまうと機内に持込ができなくなりますのでお土産はキャリーバッグの中に収納するようにしましょう。
幼児連れの場合には折りたたみ可能なベビーカーなどを追加で持ち込めます。

 

受託手荷物

エアプサンは運賃プランに限らず日本と韓国間の国際線では20kgまで無料で受託手荷物として預けることができます。

 

サイズは縦・横・高さ3辺の合計が158cm以内です。
規定サイズより大きい、重量をオーバーした場合には超過手荷物料金が必要になるので注意しましょう。

 

超過手荷物料金

20kgを超える荷物は日本韓国間では1kgあたり800円の追加料金が発生します。
預ける手荷物がスポーツ用品や3辺の話が203cmを超える場合には1個あたり1000円の特殊手荷物代金が必要になります。

 

積み込めるスポーツ用品は寝袋、携帯ベッド、スキー用品、折りたたみ自転車、ゴルフバッグ、釣り道具、スノーボードなどです。
スポーツ用品に限っては大きさに関係なく3辺の和が158cmとみなされます。

エアプサンの各種手数料・有料サービス等

エアプサンはLCCでありながらかなりのサービスを無料で受けることができます。

 

エアプサンの無料機内サービス

エアプサンではみかんジュース、コーヒー、緑茶、アロエジュース、ミネラルウォーターのソフトドリンクが無料で提供されます。
新聞、老眼鏡、授乳ケープの提供も無料です。
新聞は韓国のものなのでハングル語で書かれているため日本人の方が読む機会はないかもしれません。

 

また利用する路線の時間帯によっては機内食が無料で提供されます。
提供されるメニューは路線によって異なりますが基本的に韓国食メニューでチャーハンなどが多くなります。

 

隣席購入サービス

自分が座る隣の座席を購入すればゆっくり座ることができます。
最大2席まで追加で購入できます。
韓国と日本線では1座席1500円で購入可能です。
当日エアプサンのカウンターで空席がある場合のみ購入できます。

 

予約変更手数料

予約した航空兼の日程を変更する場合に手数料が発生します。

 

SMART6Mは2日前までで4,000円、1日前で5,000円。
SMART1Yは2日前までで手数料無し、1日前で1,000円となっています。
SMART7 SPECIALとSMART14 SPECIAL、早割特価運賃などで予約した場合には予約の変更ができません。

 

取消・払い戻し時の手数料

SMART6Mは2日前までで6,000円、1日前で7,000円
SMART1Yは2日前までで2,500円、1日前で3,500円かかります。
SMART7 SPECIALやSMART14 SPECIALは払い戻し不可です。

 

ただし購入当日に限り手数料なしで払い戻しが可能です。

エアプサンの口コミを調べてみました

乗り心地・内装・座席間隔などについて

エアプサンの乗り心地

エアプサンはLCCとは思えないような手厚いサービス水準が評判です。
エアドゥやソラシドエアなど国内LCCと同様に乗り心地が良いようです。
多少高い運賃を払ってでもエアプサンを利用したいという人がいる理由は乗り心地のよさにのようです。

 

エアプサンの内装

エアプサンで使用されている機材は大手航空会社から払い下げになったものがほとんどです。
このため機体自体は古く内装も多少くたびれた感じがあるそうです。
ただ丁寧に掃除がされているようで、汚いという口コミはありませんでした。

 

また、その分、座席間隔や座席幅がゆったりしている機材が多く、ゆったり座れると高評価となっていました。
ただ、どの路線にどの機材が使われるかは分かりませんのでどんな内装になるかはっきりしない部分もあるようです。

 

エアプサンの座席間隔

エアプサンの座席間隔は上記のように払い下げになったものをそのまま使用しているようで一般的なLCCに比べて座席間隔が広いのが特徴です。
シートポケットは下にありますが、座席幅がゆったりめなので不自由は感じないでしょう。

 

背の高い男性や比較的大柄な方でも窮屈すぎるということはないようです。
また座席をリクライニングさせることも可能という声がありました。

 

機内食・サービスの質・CAの雰囲気などについて

エアプサンの機内食

エアプサンではLCCでありながら機内食の無料提供があるようです。

 

例えば東京(成田)から釜山に行く昼間のフライトでは海鮮チャーハンが出ます。
釜山から東京(成田)への便ではトッカルビチャーハンが提供されます。
釜山から大阪(関西)への便ではハムとチーズのチャバタサンドが出るそうです。

 

利用する路線によって提供されるメニューが変わるようなので気になる方は公式サイトで確認してみるのがよいでしょう。
味についてもなかなか美味しい韓国料理と好評でした。

 

尚、ビールが無料で飲めるという口コミがありましたが公式サイトによると現在は有料での販売となっているようです。

 

エアプサンのサービスの質

エアプサンはLCCでありながらかなりサービスの質が高いと高評価でした。

 

通常、激安価格で発売されるセール運賃の場合、無料手荷物受託サービスがついておらず、有料になる航空会社がほとんどです。
ところがエアプサンでは激安価格のセール運賃で購入しても20kgまで荷物を無料で預けることができるそうです。

 

韓国にコスメを買い求めに行くという方やお友達へのお土産を沢山購入したい方には嬉しいサービスとなっています。

 

エアプサンのCAの雰囲気

エアプサンのCAさんはほとんどが韓国人の方のようです。
しかし簡単な日本語は全員が分かるようです。
難しい言葉は分からないかもしれませんが、飛行機内での困ったこと機内サービスの注文などは十分対応してもらえるそうなので安心して利用できます。