MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

本当にLCC?エアプサンのシートと乗り心地は快適

今まで大手航空会社に乗り慣れてしまっているせいか、LCCと言うと運賃は安いけどサービスも悪いなんて言われていることがあります。

 

また、座席にしても「狭い」という声がありますが、すべてのLCCが共通していることではないのです。

 

その代表がエアプサンです。

 

エアプサンは、アシアナ空港との共同運航便「成田〜釜山線」がありますが、福岡からすぐに位置する釜山までは2時間20分と国内線並みの時間で、釜山発ともなれば、西風に乗って20分も短縮して2時間という短時間になります。

 

それなら狭くても〜と思うかもしれませんが、エアプサンのA321はモノクラスで195席、ANAで運行されていたA321と同じ座席数なので「狭い」ということはありません。

 

日本の国内線よりも広く、膝が当たることもなく足も組めるくらいなので、LCCが狭いと思っていると「予想外」なのです。席数を増やして、乗客を増やして運賃を安く…そういうLCCばかりではないということなのです。

 

サービス面にしても座席にしても大手航空会社と変わらないとなれば、安い方が当然良い!と言う人も多いと思います。

 

国内線から国際線で福岡に進出。それから関西、成田へと就航したエアプサンは、LCC初の成田就航を果たした航空会社でもあるのです。

 

日本もLCC時代になりますが、それぞれ違ったサービスや内容になっていけば日本のLCCイメージも大きく変わっていきそうです。

【エアプサン 評判・口コミ】本当にLCC?エアプサンのシートと乗り心地関連ページ

LCCでも機内サービスが無料で充実!
LCCっぽくないエアプサンと韓国航空事情