MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

韓国初のLCCといえばチェジュ航空

設立年/就航年 2005/2009年
日本就航路線

成田〜ソウル(仁川)
関空〜ソウル(仁川)
関空〜ソウル(金浦)
関空〜釜山
名古屋(中部)〜ソウル(仁川)
福岡〜ソウル(仁川)
福岡〜釜山
那覇〜ソウル(仁川)
那覇〜釜山

運賃例

成田〜ソウル(仁川)片道/8500円
関空〜ソウル(仁川)片道/7500円
関空〜釜山片道/7500円

航空機/座席数 ボーイング737-800/189席
設定クラス エコノミー

   機内サービス
  (食事・飲み物)

無料

チェジュ航空国際線の予約・空席・時刻表を検索

韓国は東アジアで一番LCCの先進国と言っても良いでしょう。

その中でも最初のLCCと言えばチェジュ航空です。
2005年にエギョングループという韓国の大手企業グループが共同出資で設立、3年後に国際線が出来て、現在日本には5路線もあります。
※現在、就航路線が増えています。上記、日本就航路線を参照下さい。

■関西
ソウル(仁川)・ソウル(金浦)・済州
■中部
ソウル(金浦)
■北九州
ソウル(仁川)

関空については3路線もあるため、発着に好きな空港を選ぶことができて、しかも仁川と金浦は毎日運航しているため、とても便利です。また仁川は、バンコクや香港、マニラなどの国際線もあるため、乗継をするのもオススメです。

機材についてはボーイング737-800。これは、737の次世代モデルと言われていて、189席、全エコノミークラスになっています。

利用条件やバーゲン型運賃などによっても違いますが、旅行期間が2週間以内であれば、日本〜ソウルは往復1万円台と手軽に。

日付・路線限定のバーゲン型運賃の場合は激安の9900円というのもあったので、今後もこのチャンスは見逃せません。

またLCCではマイレージサービスがありませんが、チェジュ航空の場合はオリジナルマイレージサービスがあり、空港券購入金額によってポイント加算があり、無料空港券などと交換できるという嬉しいシステムになっています。

それだけではなく、搭乗距離や回数によっても会員ランクがアップするので、お得感が満載です。

しかし何よりうれしいのは軽食やドリンクの無料サービスがあるところ!短距離路線ながらも、ち軽食と飲物サービスはやはりポイントが高いですよね。