MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

乗継あり・なしで豊富なLCC旅行プランが組める

CCでは直行便もありますが、乗継をすることで更に豊富な旅行プランが
立てられます。

 

初心者だし、ちょっと乗継は…というのであれば、直行便を。

 

東南アジアの場合は、羽田と関西からエアアジアXでクアラルンプールへ、また関西からジェットスター・アジアで台北経由便でシンガポールへ、そして関西からセブ・パシフィック航空の直行便でマニラへの路線があります。

 

ただ、台北経由のシンガポールへは毎日運航していますが、それ以外は週1〜3便で、夕方や深夜など出発時間が違うため、きちんと確認をしてください。

 

また、短期間旅行には向かないことがありますので、有給が必要になることも。

 

そしてLCCを上手に活用すれば、直行便がなくても乗継をすることでお得な旅行プランを考えることができます。

 

たった1回乗り継ぐことで、簡単に有名な観光都市へ行くことができるのが羽田・関西〜クアラルンプール線のエアアジアグループ。

 

そして関西〜シンガポール線のジェットスターグループです。

 

 

例えばバンコクに行くとすると…

 

エアアジアXは深夜便で、羽田・関西からクアラルンプールで乗り継いで翌日の午前中には到着することができるため、機内で寝れば翌朝から元気に遊ぶことができます。しかも、フライスルーサービス対象であれば、乗継の手間もないのでラクラク乗り継げます。

 

ジェットスター・アジアの場合は、出発時間が夕方のため、シンガポールに到着が深夜になります。そのためシンガポールからバンコクに乗継は翌朝…ということで、宿泊するだけのシンガポールになってしまうのはもったいない!と言う人もいますよね。

 

それなら、ソウル〜バンコクを上手に活用すると良いでしょう。
チェジュ航空やジンエアーにあるソウル〜バンコク路線はLCCの中では少々高めの運賃ですが、日本〜ソウルも短時間で行けて、ソウルを楽しんだ後にバンコクへと言うのも良いでしょう。

 

乗継時間もありますし、他に比べて上手に活用すればチェジュ航空+ジンエアーは毎日運航しているので、計画も立てやすく使いやすくなっています。

 

タイやマレーシア、シンガポールやインドネシア、フィリピンやベトナムなどなど・・・
ツアーの格安旅行を探すのではなく、これからはLCCを使い、自分にあった旅行プランを考えてみてはどうでしょう。幅広く、多くの人気都市へアクセスできるので、曜日が合えば、色々な都市へ遊びに行ってみませんか。