MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

中国への激安運賃のLCCと言えば春秋航空

春秋航空の日本就航路線LCC


設立年/就航年 2004/2010年
日本就航路線

国内線
成田〜新千歳
成田〜関空
成田〜広島
成田〜佐賀


国際線
新千歳〜上海(浦東)
成田〜武漢
成田〜重慶
羽田〜上海(浦東)
関空〜武漢
関空〜長春
関空〜重慶
関空〜福州
関空〜淮安
関空〜?陽
関空〜蘭州
関空〜青島
関空〜上海(浦東)
関空〜天津
関空〜西安

関空〜揚州
関空〜鄭州
名古屋(中部)〜常州
名古屋(中部)〜貴陽
名古屋(中部)〜ハルピン
名古屋(中部)〜合肥
名古屋(中部)〜フフホト
名古屋(中部)〜寧波
名古屋(中部)〜上海(浦東)
名古屋(中部)〜石家莊
名古屋(中部)〜銀川
茨城〜上海(浦東)
高松〜上海(浦東)
佐賀〜上海(浦東)

運賃例

茨城〜上海片道/4000円
高松〜上海片道/3000円
佐賀〜上海片道/3000円

航空機/座席数 エアバスA320/180席
設定クラス エコノミー

  機内サービス
  (食事・飲み物)

有料

春秋航空国内線の予約・空席・時刻表を検索

春秋航空国際線の予約・空席・時刻表を検索

中国から日本に乗り入れているLCCといえば春秋航空。実は、上海ベースの春秋航空しか中国からの乗り入れはありません。

2004年に中国で初めて民間資本のエアラインとして誕生したのがこの春秋航空です。春秋というのに聞き覚えがある方もいるかもしれませんが、中国トップクラスの「上海春秋国際旅行社」のグループ会社になっています。2005年から国内線を就航し、国内線だけでも50以上という驚きの路線を持っていたりもします。また国際線では茨城〜上海線が就航して、その後、高松・佐賀と路線が増えています。茨城線は週5便、高松・佐賀線は週2便になっています。

ちょっと首都圏じゃないので不便と思う人もいるかもしれませんが、東京駅から茨城空港へ発着に合わせた直通バスがあり、搭乗者なら片道500円で利用することができます。また、この春秋航空ですが…激安価格になる場合があります。2012月の11〜12月では茨城〜上海の最安値が4000円。高松や佐賀に関しても片道3000円、しかも、韓国系LCCでよくある往復購入ではなく「片道」というのもポイントですよね。

日本路線についてはエアバスA320、座席数は180席でエコノミークラスのみですが、航空券購入時に座席指定(有料)をしますが、3パターンがあります。
・VIPスペシャルシート(最前列で足元が広くなっている)
・ポピュラーシート(客室前方10列、乗り降りが楽)
・ファミリーシート(通常の座席指定)

VIP!?と思うかもしれませんが、有料オプション価格は790円で、家族やパートナーなどと並んで座りたい時のファミリーシートも130円なので高い!と言えるような有料サービスではありません。佐賀発の場合は1時間ほど、上海発でも2時間ちょっとで海外に行けるとなれば、海外旅行初心者にもかなり春秋航空はオススメです。

春秋航空が激安運賃を実現できているのは何故?

2010年、茨城空港に中国のLCC、春秋航空が就航しました。国際線で片道(茨城〜上海)が4000円という激安価格を打ち出し強烈なインパクトを与えました。春秋航空の就航とその価格の安さがテレビなど多くのメディアでも取り上げられ初めてLCCを知った人も多かったです。

春秋航空は少しチケットの販売方法が変っています。全体の20%の座席が激安価格での販売になり残りの80%のうち30%が春秋グループの団体客向けに販売されます。そして残りの50%が低価格航空券として販売されます。

激安価格の運賃は、99元(約1287円)、199元(約2587円)など「9」のつく価格に設定されており、これは目玉商品となっています。王正華菫事長はこの激安価格を「低価格というイメージの広告塔」として赤字値段で敢えて販売をしています。

そして50%の低価格航空券はカウントダウン運賃として2ヶ月前から搭乗日に近づくにつれて値段が上がる仕組みです。もし当日チケットを購入しようとすると、大手航空会社と値段が変らない料金になってしまいます。

機内食やマイレージというサービスは提供していません。面白いのが、春秋体操というものです。春秋航空の座席は、コスト削減のためにリクライニングができないようになっています。このため、体の疲れ、コリをほぐすためにCAが「一、二、三、四!(イー・アル・サン・スー!)」と号令をかけます。エコノミー症候群を防止するために行われているもので、乗客全員が座りながら体操する姿は名物になっています。