MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

大手航空会社より大幅に安くなるLCCで世界一周

LCCだけを使って世界一周旅行ができることを御存知ですか?
実はLCCを乗り継ぐことで世界一周旅行が実現できるのです。

 

現在世界で運航しているLCCは約120社あります。
欧州50社、北米10数社、中南米10社、アジア・オセアニア30社、中東で20社が大体の内訳となっています。

 

時差の少ない西回りで世界一周をするなら、ルートはこうなります。
【羽田】からエアアジアXで【クアラルンプール】へ行き、エアアジアXで【ロンドン】へ。
エアベルリンを使って【ニューヨーク】に行ったらジェットブルーに乗って【ロサンゼルス】へ向かいます。
そこからVオーストラリアで【シドニー】へ行き、ジェットスターで【成田】へ戻ります。

 

かつてLCCと言えば短距離での運航がメインでした。
しかし現在では新たなビジネスモデルを求めて一部の航空会社が太平洋・大西洋を越えた運航を始めています。
エアアジアX,ジェットスターがアジアでは長距離線を展開しています。

 

エアアジアXはロンドン、パリ、東京、ソウルに乗りいれておりVオーストラリアはアメリカ西岸線を就航しています。

 

世界一周出来るルートは上記以外にも沢山あります。
ヨーロッパのLCCではエアーベルリン、TUIflyが大西洋路線を就航していますしラインエアやウエストジェットも大西洋路線を検討中です。
東回りの場合には、まずオーストラリアへ行き、ホノルル経由でアメリカ西岸線へ行きます。運賃総額は15万円〜20万円です。
近くの空港から近くの空港へ乗り継ぐことで低価格で世界一周旅行が実現できるのです。

【行き先別LCC利用法】世界一周も可能!さていくら?記事一覧

アメリカからヨーロッパ、アジア、そして今では世界が繋がるLCC。そんな...