MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

フィリピン最大級LCC!セブ・パシフィック航空

設立年/就航年 1996/2008年
日本就航路線

成田〜セブ
成田〜マニラ
名古屋(中部)〜マニラ
関空〜マニラ
福岡〜マニラ

運賃例

成田〜マニラ片道/20760円
名古屋(中部)〜マニラ片道/17320円
関空〜マニラ片道/16790円

航空機/座席数 エアバスA320/180席
設定クラス エコノミー

  機内サービス
  (食事・飲み物)

有料

セブ・パシフィック国際線の予約・空席・時刻表を検索

セブ・パシフィック航空といえば、フィリピン最大級のエアラインです。

マニラのニノイ・アキノ国際空港とマクタン・セブ国際空港をベースに1996年「ローフェアー・グレートバリューを提供する」というコンセプトで誕生し、国内線から国際線、2008年には関西〜マニラ線が就航開始しました。

週3回の運行で20時40分発なので、マニラに到着するのは23時50分と少し遅めですが、仕事終わりからそのまま週末海外旅行も可能になります。

エアバスA320で座席数は180席、エコノミークラスのみで一般的なLCCですが、座席指定は200円ほどでプレミアムシートでも400円程度と追加料金はオトクになっています。

またマニラから
■東南アジア
ジャカルタ・シンガポール・バンコク・クアラルンプール・ホーチミン・ブルネイ・コタキナバル

■東アジア
香港・マカオ・広州・台北・上海・ソウル・北京

などなど多くの主要都市への路線がありますので、フィリピン+αの旅も計画できるのもセブ・パシフィック航空の魅力です。

そして、スキューバやゴルフなどが目的の場合でも15kgまでのアイテムを預けることができます。

自転車やサーフボード、マリンスポーツアイテムやゴルフアイテムなどなど、たくさんのものが預入も低料金の追加で済むのも嬉しいところ。

その場でレンタルするのも良いですが、愛用しているものを使いたい!と言うなら高いから…と思わずに、追加料金をちょこっと出して、持っていきましょう。