MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

各LCCの上級クラスについて

大手LCCではビジネスクラスが用意されているところもあります。

 

日本で就航されているLCCだと、

 

■ジェットスター航空のビジネスクラス

 

エアバスA330-200の一番前から38席。2−3−2の配列。
シートピッチは大手のプレミアムエコノミーと同じの97cmほど。
フットレスト・ウィング付ヘッドレスト・ランバーサポート・PC用電源
食事や各種アルコール類、ソフトドリンクの無料サービス
(エコノミークラスは有料)

 

【空港】
専用チェックインエリア/手荷物優遇サービス

 

■エアアジアXのプレミアムシート

 

エアバスA330-300の一番前に12席。2−2−2の配列。
やや斜めで体をまっすぐにできるライフラットシート。大手採用シートと同様。
食事やミネラルウォーターの無料サービス。個人用モニターはなし。

 

 

また日本未就航のオフラインだと

 

■オーストラリアのヴァージン・オーストラリアのビジネスクラス

 

エアバスA330。2−3−3と大手より1席多いが、シートピッチは何と!150cm
ボーイング737−800とエンブラエル170/190の一部にビジネスクラス。

 

 

このヴァージン・オーストラリアの他にもヴァージン・アメリカには、エコノミーとプレミアムエコノミーやファーストクラスの2クラス制のタイプもあります。

 

このほかにもヨーロッパのエアベルリンにも横断路線がメインですが、ビジネスクラスが用意されています。

 

短距離ではなく、中・長距離のLCCや深夜便を利用する時には、少々プラスしても、ビジネスクラスを利用することで、睡眠をとることができます。