MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

LCCチケットを当日に買えるの?

LCCを利用しようと思ってる人は結構はやめに予約しているイメージがありますが、実はLCCにも当日券は存在しています。
飛行機は満席になれば発売終了となりますが、座席に空きがあれば当日も売っていますし、キャンセルが出ればその分は当日売りに出ることもあります。

 

空港に行ってLCCのカウンターでも確認できますが、当日券もネット予約が可能です。
車、バス、電車で空港に向かっている間に、スマホなどでLCCの当日券をネット予約すれば空港に着いて直ぐに発券搭乗することができるので便利です。

 

繁忙期でなければ当日券はかなりの確率で残っていますので、LCCを使って移動したい人は当日券を狙って購入しているケースもよく見られます。
特にビジネスマンは急な出張があり、前日にいきなり航空チケットが必要になることが多く、その場合は当日券頼りになります。

 

当日券はその便に空きがあるから売りに出るわけですから、かなり安くなっています。
空席がある状態で飛行機を飛ばすよりも1席でも埋めて飛ばした方が、LCCとしても売上に繋がるからです。

 

航空チケットを購入していなかった、急に必要になったという人で可能な限り安くしたい!という人はLCCの当日券を狙ってみてはどうでしょうか。
ただし繁忙期になると、人気路線の当日券は直ぐに売り切れることがありますので注意しましょう。
このように、当日になって航空チケットを購入するなんて高いだけ!という従来の考え方は、LCCの登場によって完全に覆されることになりました。

事前予約と当日券購入ならどちらが安い?

LCCで航空チケットを購入する場合、事前に予約するか、当日購入するかどちらが安いか?
それは繁忙期かどうかによって大きく異なってきます。
では繁忙期と閑散期の両方で、LCCのチケット代がどのように変化するのか見てみましょう。

 

繁忙期

売り出し開始直後はそれ程安くありません、むしろ良い時間のチケットというのは早く押さえておきたい心理が働くので少し割高になってしまいます。
LCCの場合、出発日の6週間前ぐらいがベストな購入タイミングと言われています。

 

そして出発の10日前程度までは、値段は下がる傾向にあるようですが一概には言えません。
人気の路線になると繁忙期なので直ぐに売り切れることもあるからです。

 

最後に当日券ですが、直前になってキャンセルになったり売れ残る場合がありますが、繁忙期の場合は、競争率が高くなるのでそれ程安くなることは無いでしょう。
ラストミニッツで売れ残っている場合は、比較的安くなりますがそれを狙ってチケットを購入するのは非常に難しく、オススメできません。

 

閑散期

閑散期も繁忙期と同様に、売り出し開始直後〜10日前ぐらいまでの値動きはほぼ同じです。
値段の上下はありますが、繁忙期に比べると少し休めの価格で落ち着いていると思います。

 

そして当日券ですが、こちらは閑散期で利用者が少ない便になるとガクンと下がる傾向にあり、ここがねらい目とも言われています。
それでも人気の時間帯は直ぐに値段は高くすぐに売り切れてしまいます。

 

このように予約と当日購入であればどちらが安いのかは一概に言えないのが現実です。
ただし、当日券は競争率が高いので少し高めになる傾向にあるかもしれません。
どちらにしてもLCCの価格ですから、メチャクチャ高くなるようなことは無いでしょう。

【行き先別】当日券が購入OKのLCC一覧【新千歳・成田編】

新千歳空港発着のLCCで当日券が購入可能な航空会社

  • ピーチ
  • スカイマーク
  • バニラエア
  • ジェットスタージャパン
  • エアー・ドゥ
  • 春秋航空
  • ジンエアー
  • ティーウェイ航空
  • チェジュ航空
  • イースター航空
  • エアプサン
  • エアアジアX

 

かなりのLCCが乗り入れていることが分かります、航路は成田、関空、神戸、名古屋をはじめとして日本各地の地方空港からとなっているほか、韓国や東南アジアとも国際線で乗り入れしているようです。
国内線が多いのは、国内観光客を想定してのことでしょう。

 

成田空港発着のLCCで当日券が購入可能な航空会社

  • ピーチ
  • バニラエア
  • ジェットスタージャパン
  • 春秋航空
  • ジンエアー
  • ティーウェイ航空
  • チェジュ航空
  • イースター航空
  • エアプサン
  • エアアジアX
  • セブパシフィック

 

ほぼ新千歳と同じLCCとなっており、セブパシフィックが追加になります。
とは言っても、新千歳よりも航路数はかなり多くなっています。

 

成田は利用者数が新千歳よりも多いので、航路数が多いのは当然ですがその分だけ当日券の利用者も多いことが予想できます。

 

傾向としては新千歳、成田ともに国内地方空港およびアジア各拠点との間でLCCの運行が盛んに行われており、成田に関してはセブとの直行便としてセブパシフィックが乗り入れしています。

【行き先別】当日券が購入OKのLCC一覧【セントレア・関空編】

中部セントレア空港発着のLCCで当日券が購入可能な航空会社

  • ジェットスタージャパン
  • スターフライヤー
  • ソラシドエア
  • 春秋航空
  • セブパシフィック

 

中部セントレアから就航しているLCCは成田、新千歳、関空と比べると少なくなっています。
その代り中部を拠点空港としてソラシドエアが就航しています。

 

関西国際空港発着のLCCで当日券が購入可能な航空会社

  • ピーチ
  • ジェットスタージャパン
  • バニラエア
  • 春秋航空
  • スタフライヤー
  • チェジュ航空
  • イースター航空
  • ジンエアー
  • ティーウェイ航空
  • エアプサン
  • セブパシフィック
  • エアアジアX

 

関空はピーチが最も優勢なLCCで16路線も就航しています。
他はジェットスタージャパンが10路線と続いており、この2社で全LCC就航数48路線のうち54%を占めるほどになっています。

 

当日券で最も人気なのはやはりピーチだと思われます、日本の地方都市と繋がっている他、アジアの拠点とも就航しているのが強みでしょう。

 

また、ピーチの次に強みを発揮しているのが、ジェットスターですが、ケアンズ、ゴールドコースト、マニラ、ハノイなど海外観光地への就航が目立ちます。
関空はLCCに力を入れており、それにこたえる形で就航数を伸ばしていると言えるでしょう。
今後も関空では日本への観光客増加に伴って、LCCの就航数を増やす方向で進んでいくと思われます。

【行き先別】当日券が購入OKのLCC一覧【福岡・那覇編】

福岡空港発着のLCCで当日券が購入可能な航空会社

  • ピーチ
  • ジェットスタージャパン
  • スターフライヤー
  • チェジュ航空
  • ジンエアー
  • イースター航空
  • エアプサン
  • ティーウェイ航空
  • セブパシフィック

 

福岡空港でもピーチとジェットスタージャパンの就航数が増えており、スターフライヤーと合わせると半数以上になっています。
航路は3社で重複があまりないので、当日券の購入は人気の時間帯については競争率が少し高いかもしれません。
出張などで福岡に来られる方は、早めの当日でも早めに予約したほうが良いでしょう。

 

那覇空港発着のLCCで当日券が購入可能な航空会社

  • ピーチ
  • ジェットスタージャパン
  • バニラエア
  • ソラシドエア
  • スターフライヤー
  • チェジュ航空
  • イースター航空
  • ジンエアー
  • ティーウェイ航空

 

国内はもとより海外からも観光客を対象とした就航が目立っています。
那覇でLCCを利用する方は多くが観光客だと思いますので、当日券の利用は少な目ではないかと思われます。
もし利用するケースがあるとすれば、地方空港との航路で出張などのケースでしょうか。

 

福岡と比べると乗り入れているLCC会社の数はそれ程違いはありませんが、路線数で見ると圧倒的に那覇空港が多くなっているのは、やはり観光客が対象だからでしょう。
という意味でも那覇発のLCCでの当日券消費は少なく、逆に地方から那覇着のLCCでは当日券消費が若干多めになっていると思われます。

【急な出張で大阪へ】成田へ行ったらLCC当日券売り切れであせった...結局割高なJALを使うハメに(泣)

急な出張で大阪へ行くことが決まった際、新幹線よりもLCCを使った方が早いし安いと考え、成田空港に到着してからLCCの当日券を購入する予定でいました。
何せ急な出張で前日の夜に出張が決まったことと、現地に午前中には入らないといけなかったため当日券しかありませんでした。

 

成田空港に到着してピーチのチケット発券機で当日券を購入しようと思ったら、なんと売り切れてました...キレイに満席状態になってて頭は真っ白!
今から新幹線に変えたところで間に合わないので、一応空きが無いことを確認してピーチを諦め、LCC以外のANAとJALの空き状況を調べたところ、JALで空席があったのでしぶしぶ購入...

 

結局予定していたピーチではなく、殆ど割引も何もないJALを使うハメになってしまいました。
こんなことになるなら、前日遅くても新幹線で移動しておけばよかったなと思ったり、当日券じゃなく前日にちょっとでもピーチの状況を確認しておけばよかったです。
当日券なら余裕で購入できるだろうと思ってた自分が甘かったです、LCCって人気なんですね。

 

たぶん同じように出張とかで購入する人が多いんだと思いますけど、成田についてからじゃ遅いってことです。
後から知りましたけど、空港に向かう移動中にスカイチケットというサイトで予約しておくのが、LCCの当日券をゲットする秘訣のようです。
今度からはしっかりと対策して、当日券を絶対にゲットできるようにしたいと思いました。

急いで!LCC当日券は早いもの勝ちです。

LCCの当日券は繁忙期や人気の時間帯というのは、すぐに完売となってしまいます。

 

当日ゆっくり空港についてから当日券を購入しようしても、既に完売になっていることもあるのでできるだけ早く当日券を購入するようにしましょう。
空港までは移動時間があると思いますので、その移動時間中に空席状況を確認して空きがあったらすぐに確保するのがセオリーとなっています。

 

特に出張が急に決まったサラリーマンなどは、当日券がどれだけ早く売れるかを知らない人が多く、当日券なんて空港に行ってからで大丈夫でしょう、と高をくくってる人が殆どです。
出張によく行く人は、さっさと予約してしまうので当日券が早い者勝ちだと知っていますが、そうでない人は空港についてから絶望することになるでしょう。

 

繁忙期でなくても朝早めの便などは、当日券が売り切れる傾向にあります。
お昼や夕方などの便は当日券も余る傾向にありますが、それでもなるべく早く当日券を確保するように意識したほうが良いでしょう。

 

仮にLCCの当日券が売り切れてしまっている場合、JAL・ANAを使うことになり、割高な料金を払うことになってしまいます。
当日券を求めるような人は、できるだけ安く上げたいと考えているでしょうから取り合い状態になるのを覚悟の上で狙っていきましょう。

 

JAL・ANAの運賃はLCC当日券の2倍以上はすると思ったほうが良いでしょう。
希望の便でLCC当日券が取れないからと言って、時間をずらして乗れるほど出張組というのは甘くないでしょうから、事前準備をしっかりとするしかありません。

実はLCC当日券でもネット予約で確実にゲットできるって知ってました?

急きょ出張が決まって、当日にLCCを使って現地へ移動しなきゃいけないことがあったんです。

 

出張が決まったのが前日のお昼だったので、飛行機のチケットは当日券を狙っていましたが、同僚から空港に行ってからだと当日券が売り切れてる可能性が高いから、空港に行くまでのなるべく早い段階で「ネットで予約したほうが良い」と言われました。

 

ネットで予約と言われたのでLCCのホームページで予約するのかと思って聞いて見たら、スカイチケットというLCCの当日券を予約できるサイトがあることを教えてくれました。
実際にアクセスしてみたら、その日の当日券で購入可能なLCCが簡単に検索できてしかも直ぐに予約できる状態になってました。

 

迷わずに出張に間に合う便の予ができたんですが、空港についてからチケットを発券して、その時に当日券の空き状況をみたら、もう埋まってて売り切れていました。
もし空港に到着してから当日券を入手しようとしていたら、間違いなく出張の時間に間に合ってなかったですね。

 

スカイチケットってすごいサイトだなぁと思いました。
使い方も簡単でしたし、何より見やすいサイトになっていてよかったです。

 

確実にLCCの当日券をゲットするなら、スカイチケットを使うしかないと思いました。
しかしLCC当日券ってこんなに人気なんですね、みんな少しでも安くしたいのか、いきなり出張になる人が多いのかもしれません。

 

でも自分が購入したときはANAやJALよりは格段に安かったですが、LCCにしてはちょっと値段が高めだったような記憶がありますね。
やっぱり人気になると値段も高くなるのかもしれないな。

LCC当日券が売り切れでもあきらめないで!JAL、ANAの株主優待券を狙おう

もし運悪くLCC当日券が売り切れになっていても、諦めてはいけません。
JALやANAのチケットを当日券で購入しようとするとかなり割高になってしまいますが、スカイチケットを使えばANAやJALの株主優待券を使った割引運賃のチケットも購入できます。

 

スカイチケットで出発地と到着地、日付を選んで検索すると、価格の安い順に一覧で表示されますのでそこから一番安いものを選んで予約しましょう。
それがLCCならいいですが、そうでない場合はJALやANAになっているでしょう。
JALやANAの場合でも株主優待と書かれていれば、それは割安運賃となります。

 

株主優待チケットも同時に購入できる仕組みになっていますので、心配する必要はありません。
注意したいのは株主優待チケットだからと言って、ものすごく安くなるわけではなく、株主優待を入手する費用を負担するので、その分だけ値段は上積みになります。
正規の値段で購入するよりは安くできるという程度だと思ってください。

 

スカイチケットの存在をしらなければ、LCC当日券が売り切れているとJALやANAの正規の値段で購入することになります。
株主優待が高めとは言っても少し安くなるのでLCC当日券よりは高くなってもお得と言えます。

 

最近ではスカイチケットも随分有名になってきたので、利用者が増加傾向です。
急な出張で移動が必要になった人は、チケットを取るのも大変かもしれませんができるだけ安くチケットを購入できるように、早め早めの行動を心がけましょう。

次もスカイチケットを利用するつもりです!

どうしてもLCC当日券が必要になったので、スカイチケットを利用してチケットをゲットしました。

 

今思えば、スカイチケットを使っていなかったらLCCの当日券は入手できなかったでしょう。
スカイチケットのことは急にチケットが必要になったことを知り合いに相談したら、知り合いに教えてくれたんですけど本当に助かりました。

 

もしスカイチケットを利用してなかったら、間違いなく正規の値段でJALとかANAから購入してましたよ。
そうなったらLCC当日券の2倍も3倍もの料金を払うことになって、めちゃめちゃ凹んだでしょうね。
それを考えたらスカイチケットで多少の手数料は取られても、LCC当日券をゲットできたのはラッキーです。

 

もし誰かが急にチケットが必要になったときは、スカイチケットを教えてあげたいと思います。
当然、次に自分が必要になったときもスカイチケットを利用するつもりですよ。
できれば前もって予約できていれば一番いいんでしょうけど、出張とかって急に決まるもんで...

 

それにしてもLCC当日券がこんなに競争率が高いなんて思いませんでした。
スカイチケットでその日のチケットを見ていたら、残り何枚って出るんですけど更新ボタンを押したら枚数がごそっと減った瞬間があって、ビックリしました。

 

皆スカイチケット使って当日券ゲットしようと必死なのかな。
仕事にも間に合ったし、スカイチケットで出張の交通費も浮かせることができたのでその日の晩御飯は少し奮発しちゃいました。

【LCC 当日】LCCの当日券を今すぐ確実に入手できる方法関連ページ

格安航空券で海外旅行に行くための基礎知識を身につけよう!
LCCは世界のメジャーになりつつある
スカイマークの羽田発路線
エアアジア・ジャパンとジェットスター・ジャパンの路線
LCCでは行けない都市でも格安旅行は可能!?
LCC、FSAのパックツアーを活用して国内旅行をしよう
LCCの予約・発券方法
LCC チェックインのオンライン化
注意!LCCは時間にシビア 搭乗ゲートへも早めの到着を
LCCの手荷物規制は非常に厳しい
LCC専用ターミナルの搭乗と乗り継ぎの注意点
エアアジアグループの乗り継ぎサービス
LCCとFSAの違いは?
LCCの座席レポート
バリエーション豊かなLCCのサービス
日本で人気のLCCの上級クラスを比較!
LCCの機内食(ミールサービス)について
日本のLCCは今後どうなる?
LCCのコスト削減方法
LCCがサブ空港を利用するとどんなメリットがあるか?
LCCの座席の乗り心地は?やっぱり狭いの?
コロコロ変わるLCC料金のの謎。一体どこまで安くなるの?
LCCはどうやって利益を出す?LCCの追加料金例
LCCは本当に安全?パイロットはどうやって選ばれるの?
LCCはどうやって効率のよい折り返し運航をしているのか
世界各国のLCC事情
日本のLCCはどれくらい定着したのか?
海外LCCの動向と今後の予測
LCCが国内線シェアの半数を占める日も近い
海外のLCCはチケット代がバス並みに安い
【LCCのチケット発券】LCCでは紙のチケットは存在しません
LCCのチケットについての疑問あれこれ
なぜ旅客機の座席は4つのクラスにわけられているの?将来は立ち乗り席も導入か?