MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

eチケットのメリットとは?

国際航空運送協会(IATA)は2008年6月に紙の航空券を廃止しました。そして電子航空券(eチケット)に切り替えを行いました。eチケットはエレクトロニック・チケットの意味で、紙の代わりに航空会社のパソコンシステム内に記録をすることで、航空券を持たずに旅行ができるシステムです。

 

なぜ、紙の航空券が廃止されたかというと、航空券を発行する印刷費用が馬鹿にならないことや、IATA公認旅行会社に航空券を配布する際に、チケットを安全に補完するためにも費用が発生してしまうからです。

 

紙のチケットを廃止したことによって、年間4000億円が削減され、同時に、旅客も旅行の最中に航空券を盗まれたり、紛失したり、破損してしまうなどの心配が不要になりました。eチケットは紛失しても、無料で再発行することができます。メールやWebに保存してあれば、プリンターを使って何度も印刷することができますし、予備に何枚か持っておくこともできます。

 

もちろん、このように紙の航空券は高く付くため、LCCでは最初からチケットは存在せず、紙のチケット自体を発行していません。実際、LCCの飛行機は単一クラスのため、座席指定もありません。紙のチケットを発行するほど複雑な情報を記載することもありません。

 

では、チケットがないならLCCにはどうやって搭乗するのか?それには「予約確認書」が使われます。インターネットを通じて座席を予約すると、予約が確定した段階で予約確認書が発行されます。これを印刷して、当日持参することで予約番号などが確認でき搭乗することができます。空港で印刷することもできますが、有料になることもあるので自分で印刷する人がほとんどです。

LCCが旅行会社にチケットを委託する理由

LCCは基本的に旅行代理店を挟まずに、自社のWebサイトから直接消費者に購入をさせるスタイルを採用しています。代理店手数料を削減させることができるからです。直販の比率は大体70〜80%となっており、大多数の顧客が直接インターネットから予約・購入をしています。

 

しかし、中には旅行会社へ敢えて委託をして航空券を販売することもあります。これには、以下の3つの理由があげられるからです。

 

1.運賃比較をしたい客のために

最低運賃の飛行機に乗りたい、そのためには色々な航空会社の料金を比較する必要があります。いくつもの会社のWebサイトにアクセスして最低価格を比較するのはとても手間ですが、旅行会社のWebサイトを通すことで、最低運賃を一網打尽に検索することができます。

 

2.在庫処分ができる

繁忙期にはあっという間に売り切れてしまう航空チケットも、閑散期では、なかなか売れずにチケットが売れ残ってしまうことがあります。自社だけの力では販売座席が埋まらないときに、旅行会社を通して在庫を一掃することができます。

 

3.アドバイスを求めたい客への対応

近年、ほとんどの人が当たり前のようにインターネットを使うようになりましたがまだまだデジタル機械になれていないという顧客も一定数います。

 

LCCでは各種サービスが全て有料化されているため、なれていない人の場合には総額の料金が一体幾らになるのかが分かり難いということもあります。こうした理由で旅行会社にアドバイスを求めたいという人がいます。自分に合った旅行計画に合わせた航空会社を見つけたい人には旅行会社の窓口を通すことがベストです。

自然災害などで欠便になったらチケットはどうなる?

台風や吹雪などの悪天候、台風のような自然災害など航空会社に起因しない原因で飛行機の運航が出来ない場合、大手航空会社、LCC共に費用の負担義務は発生しません。借りに飛行機が欠便になって、延泊などが必要になったとしても自分で費用を負担しなければいけません。

 

しかしEUだけは事情が異なります。2004年に航空旅客の権利を保護するために、ヨーロッパ域内を発着するEUの航空会社に対し、欠航・遅延が発生した場合の宿泊料や飲食の保障をしなければいけないと決定したからです。

 

このため2010年に発生したアイルランド火山の噴火、クリスマス時期の雪害などで欠便や遅延が発生しスケジュールが大混乱になったときにラインエアーは多額の支払いを余儀なくされました。このことについて「30ユーロ(3800円)の航空券を買った客に対して何千ユーロのホテルを弁償するのはあまりにもバカバカしい」と述べ、弁償の費用はチケット購入額を上限とする方針を打ち出しました。しかし、消費者保護法に違反するとして批判が集まり翌日には一転弁償することになりました。

 

火山噴火や悪天候などは誰にもコントロールできないものですからこれを航空会社の責任として補償をするのは不公平なので免除されるべきと主張しています。安い運賃設定でチケットを販売しているLCCにとって唐突に負担の発生する自然災害に対する補償は大きな負担となります。

 

そこで苦肉の策として、ジェットエアーでは2010年4月から利用客から一律2ユーロ(250円)の徴収を開始しています。

【LCCのチケット発券】LCCでは紙のチケットは存在しません関連ページ

LCCは世界のメジャーになりつつある
スカイマークの羽田発路線
エアアジア・ジャパンとジェットスター・ジャパンの路線
LCCでは行けない都市でも格安旅行は可能!?
LCC、FSAのパックツアーを活用して国内旅行をしよう
LCCの予約・発券方法
LCC チェックインのオンライン化
注意!LCCは時間にシビア 搭乗ゲートへも早めの到着を
LCCの手荷物規制は非常に厳しい
LCC専用ターミナルの搭乗と乗り継ぎの注意点
エアアジアグループの乗り継ぎサービス
LCCとFSAの違いは?
LCCの座席レポート
バリエーション豊かなLCCのサービス
日本で人気のLCCの上級クラスを比較!
LCCの機内食(ミールサービス)について
日本のLCCは今後どうなる?
LCCのコスト削減方法
LCCがサブ空港を利用するとどんなメリットがあるか?
LCCの座席の乗り心地は?やっぱり狭いの?
コロコロ変わるLCC料金のの謎。一体どこまで安くなるの?
LCCはどうやって利益を出す?LCCの追加料金例
LCCは本当に安全?パイロットはどうやって選ばれるの?
LCCはどうやって効率のよい折り返し運航をしているのか
世界各国のLCC事情
日本のLCCはどれくらい定着したのか?
海外LCCの動向と今後の予測
LCCが国内線シェアの半数を占める日も近い
海外のLCCはチケット代がバス並みに安い
LCCのチケットについての疑問あれこれ
なぜ旅客機の座席は4つのクラスにわけられているの?将来は立ち乗り席も導入か?