LCC 格安航空会社

MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

日本でもLCCの時代が開幕

日本でもようやく本格的なLCCの時代が開幕しました。それにともない、日本の空の便も新たな時代を迎えようとしています。

 

かつて国内線は、ANAやJALなどの大手航空会社が独占状態でした。その後1990年代後半には、日本の空の規制緩和を受けて、割安な運賃を掲げる新規航空会社が相次いで誕生。しかし、羽田の発着枠不足などから、十分な路線展開ができずにいたのです。

 

そんな中、日本のLCCの元祖とも言えるスカイマークが徐々に勢力を拡大してきました。また、羽田と成田の発着枠拡大にともない、ANAとJAL系列のLCCもネットワークを急拡大しようとしています。これには、割安な運賃が利用者の支持を集めたことも関係していると思われます。

LCC国内新路線が目白押し

日本でもLCCの時代が幕開けし、スカイマークに加えてANAやJAL系のLCCも登場しています。新路線やスケジュールが順次発表されているので、格安旅行ファンにとってはLCCの動向から目が離せないことでしょう。

 

スカイマークは、羽田,成田,神戸,札幌(新千歳),沖縄(那覇)などを拠点にしており、全国15空港に就航しています。さらに今後、仙台空港にも就航予定です。

 

ANA系列のLCCとしては、ピーチ・アビエーションとエアアジア・ジャパンがあります。ピーチ・アビエーションは、2012年3月1日より運航を開始。関西空港を拠点にしています。エアアジア・ジャパンは、2012年8月より運航開始予定で、成田空港を拠点にします。

 

JAL系列のLCCとしては、ジェットスター・ジャパンがあります。成田と関西を拠点に、2012年7月から就航予定です。

LCCにまつわるアレコレ記事一覧

LCCは元々以下のような条件を満たしている航空会社の事を言います。・ポ...

スカイマークは、1998年に羽田−福岡線で運航を始めましたが、今や国内...

大手系列の新LCCのうち、エアアジア・ジャパンとジェットスター・ジャパ...

日本でもLCCの就航が増えたとはいえ、まだまだ路線数に限りがあります。...

航空券とホテルだけがセットになったツアーは、何も海外に限ったことではあ...

LCCの場合、予約は各社の専用ウェブサイトからオンラインで行うのが基本...

LCCはさまざまな手続きをオンライン化することによりコスト削減を図って...

LCCは着陸から離陸までの時間をできるだけ短くして、1日あたりの稼働時...

LCCの利用において注意したいのが、時間の厳守に加えて、手荷物の扱いで...

LCCの搭乗では、クアラルンプール国際空港のLCCターミナルのようにボ...

LCCは基本、乗り継ぎのための特別なサービスは提供していません。しかし...

LCCは運賃を安くすることで、FSAと差別化を図っています。しかし、使...

LCCは基本、エコノミークラスのみのモノクラス制です。そして、日本発着...

LCCは機内サービスを必要最小限に抑えていますが、その内容は各社さまざ...

ジェットスター航空の上級クラス日本に就航するLCCの中で上級クラスを設...

LCCは、安全面以外の運航に関わるコストをできる限り削減することで、低...

2000年2月に日本は国内航空市場の自由化に踏み切りました。そして運賃...

航空会社のコストはどう計算されるのか?LCCはコストを出来るだけ削減す...

空港は鉄道にとっての駅と同じ役割を果たします。しかし鉄道会社が駅を所有...

LCCはコストを徹底的に切り詰めた上で、座席数をギリギリまで増やした機...

海外の航空会社は運賃が日々変わります。繁忙期には運賃が上がり、閑散期に...

運賃が安いことで多くの客が集まるLCCですが、これだけでは利益率が低く...

LCCは運賃が安いため、本当に整備などがきちんと行われているのか?手抜...

LCCは航空機の地上待機時間を極力短縮化し、効率よく折り返し運航をする...

LCCは世界にどのくらい存在しているのでしょうか?具体的な数字を見てい...

LCCが登場したばかりのころは、多くの人があまりの安さに不安を覚えまし...

LCCは徹底的なコスト削減と、効率的な折り返し運転をすることで安い運賃...

LCCのビジネスモデルはとてもシンプルです。1.小型単一機種編成で、座...

ワンコインで買えるものは沢山あります。例えば某ファストフードの100円...

国際航空運送協会(IATA)は2008年6月に紙の航空券を廃止しました...