MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

大韓航空系列のLCC「ジンエアー」

設立年/就航年 2007/2011年
日本就航路線

札幌(新千歳)〜ソウル(仁川)
成田〜ソウル(仁川)
関空〜ソウル(仁川)
関空〜釜山
福岡〜ソウル(仁川)
北九州〜ソウル(仁川)
北九州〜釜山
那覇〜ソウル(仁川)
那覇〜釜山

運賃例

関空〜ソウル(仁川)往復/18655円
関空〜釜山往復/14200円
福岡〜ソウル(仁川)往復/14575円

航空機/座席数 ボーイング737-800/189席
設定クラス エコノミー

  機内サービス
  (食事・飲み物)

軽食・飲み物は無料 アルコール類は有料

ジンエアー国際線の予約・空席・時刻表を検索

日本でも有名な韓国大手の航空会社「大韓航空」の100%の子会社LCCのジンエアーは、200年にエアコリアとして誕生し、翌年この名前に変わりました。

国内線から始まり、国際線のソウル〜バンコク線が就航、日本にも2011年に札幌(新千歳)〜ソウル(仁川)が就航。当初は週に2回だったのに、今では毎日運航しているので、とても便利です。

機体はモノクラス仕様のボーイング737−800で座席数は189席。LCCですが、ちょっとした無料サービスがあるのも嬉しいところ。国際線のみなのですが、3時間以内のの場合はスナックと飲みもの、3時間以上になると食事と飲みものの無料サービスがあります。

他社韓国LCCではアルコール類が無料のLCCもありますがジンエアーの場合は、ビールや洋酒は有料サービスになります。

また、嬉しいサービスとしてプレイステーション・ポータブルのレンタルもありますので、ちょっとした暇つぶしも手軽にできます。

通常のソウルへの旅として利用しても良いのですが、路線によっては乗り継ぎが可能になっています。多少なりの待ち時間がある場合もありますが、ソウル(仁川)からバンコクやマカオ、香港やセブ、グアムなどにも乗り継ぐことができます。

札幌発が13時10分なので、2時間弱でソウルに到着しますので、そこから上手に乗り継いでオトクな旅行プランを立ててみてはどうでしょう。とはいえ、国際線すべてが毎日あるわけではなく、バンコクやグアムは毎日便がありますが、セブなどは週2便しかありません。