MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

JAL系列初のLCC!ジェットスター・ジャパン予約受付中


設立年/就航年 2011/2012年
日本就航路線

国内線
成田〜新千歳
成田〜関空
成田〜高松〜松山
成田〜福岡
成田〜熊本
成田〜大分
成田〜鹿児島
成田〜那覇
名古屋(中部)〜新千歳
名古屋(中部)〜福岡
名古屋(中部)〜熊本
名古屋(中部)〜鹿児島
名古屋(中部)〜那覇
関空〜新千歳
関空〜福岡

関空〜熊本
関空〜大分
関空〜那覇


国際線
成田〜上海(浦東)
成田〜台北(桃園)
成田〜香港
成田〜マニラ
成田〜ケアンズ ※ジェットスター航空
成田〜ゴールドコースト ※ジェットスター航空
成田〜メルボルン ※ジェットスター航空
関空〜台北(桃園)
関空〜香港
関空〜マニラ
関空〜ケアンズ ※ジェットスター航空
関空〜ゴールドコースト ※ジェットスター航空
名古屋(中部)〜台北(桃園)
名古屋(中部)〜マニラ
名古屋(中部)〜バンコク ※ジェットスターアジア航空

運賃例

成田〜新千歳片道/4490円
成田〜関空片道/3990円
関空〜福岡片道/3590円

航空機/座席数 エアバスA320/180席
設定クラス 普通席

  機内サービス
  (食事・飲み物)

有料

ジェットスター・ジャパン国内線の予約・空席・時刻表を検索

ジェットスター・ジャパン国際線の予約・空席・時刻表を検索

日本ではLCCのパイオニアのジェットスター。

オーストラリア大手のカンタスグループとJAL、そして三菱商事が共同出資しジェットスター・ジャパンを設立。ついにJALがLCCに初参戦しました。

国内線と国際線を運航予定で、国内では成田や関西、札幌、福岡、沖縄路線が検討されています。

そしてそれに伴って、国際線としてアジアの主要都市中心の路線も考えられているので、2012年の半ばから続々と運行しています。

機材はエアバスA320で、モノクラスの180席と一般的な座席数で、最初は3機から1年で8倍の24機まで増加予定。ということは、かなり路線の増加が期待できますね!

実はこのジェットスター・ジャパンのお得な予約サービスをご存知でしょうか?。他のLCCとはちょっと違うポイントがあるので、注目したいところです。

それは…『最低価格保証(プライス・ビート・ギャランティー)予約システム』。他社より安い運賃!として最低価格保証を適用してくれれば、さらにオトクにLCC利用ができます。日本にLCCが急増している今だからこそ!さすがジェットスターと言える予約サービスですね。

国内の空港別ネットワーク

LCCは、既存の大手航空会社とは違い、成田空港や関西空港を拠点にしていることが多いです。成田空港には、現在スカイマークが就航しており、2012年にはエアアジア・ジャパン(現バニラエア)とジェットスター・ジャパンも就航を開始しました。また関西空港でも、現在スカイマークとピーチ・アビエーションが就航しており、2012年にジェットスター・ジャパンも就航を開始しました。
(現在、スカイマークは成田と関空から撤退しています)

 

さらに、新千歳空港や那覇空港への乗り入れも増加しています。スカイマーク、ピーチ・アビエーション、バニラエア、ジェットスタージャパン。今後就航予定のものも含めると、国内LCC全てが乗り入れていることになります。

 

このように羽田空港以外を拠点にする背景には、空港当局の空港活性化方針などが影響していると思われます。また、発着枠に余裕が生まれつつあることも影響しているといえるでしょう。