MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

ジェットスターのグループ会社「ジェットスター・アジア航空」

設立年/就航年 2004/2010年
日本就航路線

福岡〜バンコク

運賃例

福岡〜バンコク片道/12000円

航空機/座席数 エアバスA320/180席
設定クラス エコノミー

  機内サービス
  (食事・飲み物)

有料

ジェットスター・アジア国際線の予約・空席・時刻表を検索

ジェットスターと同じ、日本語が話せる客室乗務員がいるのがジェットスター・アジア航空。

関西から台北経由のシンガポール線は、乗継を含めると8時間25分なので、日本語が通じた方が安心です。

2004年にシンガポールをベースにし、シンガポール〜香港線で運航が始まり、今では就航都市はバンコク・ホーチミン・マニラなどの東南アジアの主要都市、台北・香港などの東アジア主要都市。

そしてバリ島などの世界的に有名な人気観光スポットなど、かなりたくさんの路線があり、20都市以上も就航しています。

日本では関空に2010年に就航し、毎日運航しています。シンガポールだけでなく、台北までのアクセスにも便利になっていて、関空発は17時⇒台北19時⇒シンガポール深夜0時25分、シンガポール発は7時10分⇒台北12時40分⇒16時10分と
なっています。

機材はLCCではおなじみのA320。

エコノミークラスのみで通常の大手エコノミーと比べると10cmほど狭くなっています。

とはいえやはり価格は魅力。
運賃は上下しますが、最安値で考えると
関西〜シンガポール往復で3万5000円ほど。
関西〜台北往復で1万4000円ほど。

と考えるとどうでしょう。

ぎゅうぎゅう詰めで座っているのが苦しい〜と言う状態なら嫌ですが、そうでなければ、少々狭くても!と価格に魅力を感じる旅行客はとても多いのが現状なのです。ジェットスター・アジア航空はお得に海外旅行へ行く方法のひとつ!と言っても過言ではありませんね。