MENU

空港別にLCC全路線・時刻表・空席・運賃が検索できます

アジア最大のLCC!エアアジアX 予約・空席・時刻表・路線

設立年/就航年 2007/2010年
日本就航路線

羽田〜クアラルンプール
成田〜バンコク
関空〜クアラルンプール
関空〜バンコク
新千歳〜クアラルンプール

運賃例

羽田〜クアラルンプール片道/16900円
成田〜バンコク片道/25000円
関空〜クアラルンプール片道/17000円

航空機/座席数 エアバスA330-300/エコノミー365席・プレミアム12席
設定クラス エコノミー、プレミアム

  機内サービス
  (食事・飲み物)

エコノミークラスは有料。プレミアムクラスは機内食とミネラルウォーター1本が無料。

 

エアアジア国際線の予約・空席・時刻表を検索

 

海外旅行好きなら誰しも知っている!と言っても良いくらいのアジアを代表するLCCがエアアジアXです。

 

アジア最大級で、日本にもエアアジア・ジャパンが2012年8月より就航することから、エアアジアの名前は良く知れた存在ですが、世界でも知名度の高い存在です。

 

エアアジアのグループラインで、中・長距離路線担当がこのエアアジアXです。
クアラルンプール国際空港のLCCターミナルから、幅広くネットワーク展開をしていて、ロンドン・パリ・メルボルン・クライストチャーチ、インドや東アジアはソウルや台北など本当にたくさんの路線があります。

 

日本では週6便(2012年6月より毎日運行)、羽田〜クアラルンプールの深夜便があり、23時半に出発して8時間後の朝6時半にクアラルンプールに到着します。

 

またこれに続いて週4便関西〜クアラルンプール線が就航しましたが、こちらは深夜便が水曜のみになっており、それ以外は夕方16時55分発になっているのでつくのが22時40分になります。そのため、深夜便を上手に活用をすれば、朝からめいっぱい遊ぶこともできるし、乗継プランも考えやすくなります。

 

エアアジアXの魅力は、A330-300で、エコノミークラス365席・プレミアム12席あるため、優雅に旅を楽しみたいと言う人はプレミアムをオススメします。

 

プレミアムは斜めのフラットベッドになるライフラットシートで、座席配列は2・2・2になっていて通常のビジネスクラスのシェルフラットシートと同じなのですが、残念ながら個人用のモニターはありません。

 

エアアジアはどうやって利益を出している?

LCCと言えばコストを削減するために、メイン空港ではなくサブ空港を使うのが一般的です。これは空港使用料が全然違うからです。しかしエアアジアは空港使用料の高い羽田に就航しています。一体どうやって利益を出しているのでしょうか?

 

LCCはアジアで爆発的な広がりを見せています。アジア圏におけるもっとも古いLCCはエアアジアです。欧米のLCCビジネスモデルを導入しクアラルンプールを拠点としてスタートしたのです。大手航空会社であるマレーシア航空の独占上だった市場を打ち破り2003年には黒字経営となりました。現在ではエアアジアはアジア圏だけではなく、もっと広い世界に目を向けています。

 

なぜエアアジアはそんなに利益が出せるのか?それは人件費の安さです。一人当たりの人件費はアメリカのサウスウェスト航空の1/5。日本のスカイマークの1/4と格安です。これはアジアの物価水準が安いという点を大きく利用しています。更に徹底したコスト削減や地上待機時間の短縮化など効率的な運行を行うことで世界一安い航空コストを実現しました。

 

エアアジアは現在羽田空港に就航しています。着陸料が敢えて高い羽田空港を選らんだ理由は、国内線を充実させるためです。クアラルンプールで2〜3時間待機すればアジア各地に乗り継ぐことができ帰りはシンガポールから羽田に行けば、国内線網で日本全国へいけます。こうした利便性の高さから、空港使用料が少し高くても十分利益還元できると踏んだからなのです。